書評

『航路』(早川書房)

  • 2021/11/26
航路 / コニー・ウィリス
航路
  • 著者:コニー・ウィリス
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(656ページ)
  • 発売日:2013-08-27
  • ISBN-10:4150119147
  • ISBN-13:978-4150119140
内容紹介:
マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっていた認知心理学者のジョアンナは、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生さ… もっと読む
マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっていた認知心理学者のジョアンナは、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生させ、その時の脳の活動を詳細に記録しようというのだ。しかしその実験にはトラブルが続出し、被験者が不足してしまう。ジョアンナはみずからが被験者となることを申し出るが、彼女が擬似臨死体験でたどり着いた場所は……!?
心停止後に蘇生した人間の約六割が共通して訴える特異な体験、臨死体験(NDE)。暗いトンネルや光、三途の川、花畑、優しく出迎えてくれる死んだはずの家族のイメージ、というのが典型的なパターンで、なかには天使や神を見たり幽体離脱を体験したという報告をする患者も少なくない。

彼らが力説するように、本当に死後の世界は存在するのか。それとも科学者が主張するとおり、臨死体験は死にゆく脳の中で起きる生化学的な反応にすぎないのか。死んだ後に何が起きるのか知るためには死ななければならない。ところが、死んでしまえばその報告はできないというジレンマ! 解明不可能なこの謎に敢然と挑んだ傑作がコニー・ウィリスの『航路』なのだ。

舞台となるのはコロラド州の総合病院。認知心理学者のジョアンナは、医学的・科学的見地から臨死体験を分析するために、心停止の連絡があるたび患者のもとに駆けつけ、蘇生後の快復を待って話を聞いている。そのジョアンナと対立する立場にあるのがノンフィクション作家のマンドレイク。彼の書いた臨死体験に宗教的な意味を与える著作は、全世界で一千万部以上売れている。マンドレイクもまた第二作の取材のためにこの病院に滞在中なのだが、誘導尋問によって自説に都合のいい回答を引き出す彼の取材方法に、ジョアンナは激しく反発している。

そのジョアンナに研究の協力を依頼するのが神経内科医のリチャード。脳科学の立場から臨死体験を研究している彼は、臨死体験は死に直面した脳のサバイバル・メカニズムではないかと考えている。人体には無害な薬物ジテタミンが被験者の脳に臨死体験そっくりの幻覚を誘発することを発見したリチャードは、被験者に対する聞き取り調査をジョアンナに依頼したのだ。この仕組みを解明すれば、心停止した患者の蘇生率を高めることができるかもしれない。重度の心臓病で入退院を繰り返している少女メイジーを思い浮かべたジョアンナは、彼女を助けたいという思いもあってリチャードに協力することに。

ところが、被験同意者のほとんどが、マンドレイクの息のかかったインチキ臨死体験の信者であることが判明。そこでジョアンナは、自分が被験者になることを提案。一回目のセッションでは暗いトンネルを歩くだけだったジョアンナだが、回を重ねるうちにもっと複雑でリアルな体験を報告するようになる。白い服を着た見知らぬ男女が言葉を交わしている。そのディテールが明らかになっていくにつれ、彼女の心に確信が芽生える。わたしはこの場所を知っている。行ったことはないけれど、たしかに知っている――。

おっと、これ以上は何ひとつ明かすことができません。この後、第一部の最後に用意されている「!」と、第二部のラストに置かれた「!!」、そして全ての伏線が一気に本流に流れ込んでくる怒濤の展開の中、ついに臨死体験の謎が解き明かされる第三部。その驚きを半減させるようなほのめかしを少しでもしたなら、作者と訳者から袋叩きにあうこと必定。まったくもって書評家泣かせの逸品なのだ。この小説の数々の美点に触れたくても、ネタバレの怖れがあるために思うように取り上げることができないときてるんだから。

でも、その隔靴掻痒(かっかそうよう)を超えてでも紹介したい、これはそれほど素晴らしい物語なのだ。自分の命も顧みず他人の命を救うために尽力した勇気ある人々のエピソードがもたらす感動、死にまつわるたくさんのメタファーを駆使した深い洞察、巧妙な伏線が張り巡らされたスリリングなストーリー展開、時折挿入される温かな笑いを生むユーモラスなシーンや会話、映画にまつわる愉快な蘊蓄(うんちく)、そして3Dみたいに立体的なキャラクター造形。とりわけ、心臓病の少女メイジーが愛おしい。災害おたくにしてブラックユーモアの達人の彼女がもたらす笑いと、第三部に入ってからの活躍ぶり、そこから生じる落涙必至のエピソードといったら! 裏主人公といっても過言ではない一読忘れがたいキャラクターなのである。

まさに愉しみどころ満載、一気通読のロードコースター・ノヴェルなので、この長さがまるで気にならないはず。いや、むしろ「もう終わっちゃうの」、この長さが不満に思えてくるほどなのだ。あ、そうだ。愉しみどころといえば、各章の初めに紹介されている、たくさんの人たちの“最期の言葉”だけ拾って読むのもまた一興。ちなみにわたしのお気に入りは、ワイアット・アープの友人だった拳銃使いドク・ホリデイの臨終の一言「妙だな」。……え~っ、何が妙なのぉ? 知りた~い、でも、死にたくな~い。これもまたジレンマなんである。

【下巻】
航路 / コニー・ウィリス
航路
  • 著者:コニー・ウィリス
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(672ページ)
  • 発売日:2013-08-27
  • ISBN-10:4150119155
  • ISBN-13:978-4150119157
内容紹介:
暗礁に乗り上げた研究プロジェクトを救うため、ジテタミンを投与されたジョアンナが擬似臨死体験のなかでたどり着いた先は、思いもかけぬ場所だった。自分は確かにここを知っている。なぜそこ… もっと読む
暗礁に乗り上げた研究プロジェクトを救うため、ジテタミンを投与されたジョアンナが擬似臨死体験のなかでたどり着いた先は、思いもかけぬ場所だった。自分は確かにここを知っている。なぜそこがどこか思い出せないのだろう? ジョアンナは答えをもとめて必死に調べ始める。なんども臨死体験を実験で繰り返し、ついに突き止めた真相は、まさに予想だにしないものだった! 読み始めたら止まらないローカス賞に輝く感動作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

航路 / コニー・ウィリス
航路
  • 著者:コニー・ウィリス
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(656ページ)
  • 発売日:2013-08-27
  • ISBN-10:4150119147
  • ISBN-13:978-4150119140
内容紹介:
マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっていた認知心理学者のジョアンナは、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生さ… もっと読む
マーシー総合病院で、臨死体験者の聞き取り調査を行なっていた認知心理学者のジョアンナは、神経内科医のリチャードから新規プロジェクトへの協力を求められる。NDE(臨死体験)を人為的に発生させ、その時の脳の活動を詳細に記録しようというのだ。しかしその実験にはトラブルが続出し、被験者が不足してしまう。ジョアンナはみずからが被験者となることを申し出るが、彼女が擬似臨死体験でたどり着いた場所は……!?

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

PHPスーパーワイド(終刊)

PHPスーパーワイド(終刊) PHPスーパーワイド

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ