文筆家。1980年代初頭にニューヨークに滞在、文章を書きはじめる。小説、エッセイ、批評など、ジャンルを横断して執筆。書評の執筆も多く、書評集に『読めばだれかに語りたくなる』がある。小説作品には『図鑑少年』『随時見学可』『鼠京トーキョー』『間取りと妄想』などが、写真関係の著書には『彼らが写真を手にした切実さを』『ニューヨーク1980』『この写真がすごい』『出来事と写真』(共著)がある。最新刊は『須賀敦子の旅路』。2007年より、都内の古書店を会場に、さまざまなジャンルのゲストと出会うトークと朗読のイベント<カタリココ>を開催中。
カタリココHP:http://katarikoko.blog40.fc2.com


大竹 昭子の書評/解説/選評
ページトップへ