吉本隆明

吉本隆明TAKAAKI YOSHIMOTO

1924年、東京・月島生まれ。詩人、文芸批評家、思想家。東京工業大学工学部電気化学科卒業後、工場に勤務しながら詩作や評論活動をつづける。日本の戦後思想に大きな影響を与え「戦後思想界の巨人」と呼ばれる。2012年3月16日逝去。著書に『共同幻想論』『言語にとって美とはなにか』『ハイ・イメージ論』『カール・マルクス』『悪人正機』『ひきこもれ』『日本語のゆくえ』『吉本隆明が語る親鸞』『開店休業』『フランシス子へ』など。現在、『吉本隆明全集〈全38巻別巻1〉』(晶文社)が刊行中。
写真提供:図書新聞


吉本隆明の書評/解説/選評
ページトップへ