コラム

磯田道史「2018 この3冊」|呉座勇一『陰謀の日本中世史』(KADOKAWA)、美川圭『公卿会議 論戦する宮廷貴族たち』(中央公論新社)、橋本五郎『官房長官と幹事長』(青春出版社)

  • 2019/01/04

2018 この3冊

(1)『陰謀の日本中世史』呉座勇一著(角川新書)

(2)『公卿会議 論戦する宮廷貴族たち』美川圭著(中公新書)

(3)『官房長官と幹事長 政権を支えた仕事師たちの才覚』橋本五郎著(青春新書)



(1)は歴史書が多く出版されるなか、俗説の陰謀論を学術研究の立場から一蹴しようとした本。複雑化する現代社会を陰謀論で説明する危うさを著者は訴える。しかし、この危うさは世界で広がるばかり。日本でもアメリカでも事実チェックをせずに、陰謀論に傾く人々の姿がみられる。

(2)は学問的な新書だが、古代中世の天皇の朝廷で政治的意思決定がなされる姿を説明した好著。日本はいかなる「会議」の伝統をもつのか。それを知っておかなくては政治も社会も分析できない。

(3)は総理総裁の政権を支える大黒柱である官房長官と幹事長の役割を、今なお政治取材の第一線にいるベテラン政治記者がまとめた一冊。意外にも「最後は大義を持った政治家が強い」と本書にあった。何のためにやるのか。政治家はもっと国民の前で堂々と大義を主張することも必要であろう。

陰謀の日本中世史 / 呉座 勇一
陰謀の日本中世史
  • 著者:呉座 勇一
  • 出版社:KADOKAWA
  • 装丁:新書(344ページ)
  • 発売日:2018-03-09
  • ISBN:404082122X
内容紹介:
俗説、一蹴! 『応仁の乱』の著者が史上有名な陰謀を分析、陰謀論を論破!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

公卿会議―論戦する宮廷貴族たち / 美川 圭
公卿会議―論戦する宮廷貴族たち
  • 著者:美川 圭
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:新書(240ページ)
  • 発売日:2018-10-19
  • ISBN:4121025105
内容紹介:
限られた上級貴族が集まり、国政の重要案件を論じた公卿会議。この国の合意形成プロセスの原型というべき合議制度の変遷をたどる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2018年12月9日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
ページトップへ