選評

海松(みる)(新潮社)

  • 2017/09/22
海松(みる) / 稲葉 真弓
海松(みる)
  • 著者:稲葉 真弓
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:ハードカバー(169ページ)
  • ISBN:4104709026

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

川端康成文学賞(第34回)


受賞作=稲葉真弓「海松」、田中慎弥「蛹」/他の候補作=池澤夏樹「ヘルシンキ」、森内俊雄「ジュニエ爺さんの馬車」、小林恭二「遁世記」、辻仁成「青春の末期」、大竹昭子「随時見学可」、玄侑宗久「Aデール」/他の選考委員=秋山駿、小川国夫、津島佑子、村田喜代子/主催=川端康成記念会/発表=「新潮」二〇〇八年六月号

小説的時空間の創出

『海松』(稲葉真弓)の語り手である私は、深酒つづきの不健康な毎日を送る四十代後半の独身女性だ。食べるために編集やライターの仕事をしているが、〈案じたところで先行きが明るくなるわけではない〉と、半ばなげやりに時をやりすごしている。その私が、正月休みに、志摩半島の小さな湾にのぞむ急斜面の家で十日ほど滞在する。家は私の持ちもの、この十年間、年に何度か愛猫を伴ってここへやってくるのだ。遠景で隣町の八十代の老女の行方不明事件が起こり、それが私の方へゆっくりと「心理的に」近づいてくるが、老女は老いの象徴だろう(たぶん、そうだ)。

この遠景のせいか、今回の滞在で私は、家のまわりの樹木や草花や小動物や鳥や星空がはっきり見えてくる。「はっきり見えてくる」のであるから、家のまわりについての描写は(あたかも初めて見ましたとでもいうように)新鮮で正確なものでなければならないが、読者の期待は十分に充たされる。光る比喩をちりばめた正確で細密な描写が、魔法のように「失われた時間」を浮かび上がらせ、それにつれて〈時は逝く〉という人生の真実が現われてくる。静かな戦慄が、そこにはあった。

『蛹』(田中慎弥)は、暗い地中で、やがて地上の光の世界で王となる未来を夢見ている虫けらの生活と意見を、徹底した擬人法で、しかも細密に書いた傑作である。

切れた鎖 (新潮文庫) / 田中 慎弥
切れた鎖 (新潮文庫)
  • 著者:田中 慎弥
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(164ページ)
  • 発売日:2010-08-28
  • ISBN:4101334811

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

木の下に産み落とされたかぶと虫の卵が、殻を破って幼虫になりさらに蛹になって〈地中にはない白くて大きな〉光の世界へ、地上へ出るその寸前までを、格調高く、いかめしく綴ったこの手法、つまりちっぽけな虫けらの生活と意見に堂々たる文章を与えた手法の効果は抜群で、いたるところに良質の諧謔が爆発する。ダンテの神曲地獄篇やオイデプス王やハムレット王子をかすかに連想させる趣向にも唸ったが、この虫けらが神(大自然)を直感し、時間を発見するくだりでは大いに笑った。〈時よ来たれ〉という主題にからめて、神学や哲学までも玩具にしたところなどはじつに骨太で愉快な作品である。

ことばによって時間と空間をかたく結びつけて、小説的時空間を創出することに、受賞作はともに成功しているとおもう。

【この選評が収録されている書籍】
井上ひさし全選評 / 井上 ひさし
井上ひさし全選評
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(821ページ)
  • ISBN:4560080380

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

海松(みる) / 稲葉 真弓
海松(みる)
  • 著者:稲葉 真弓
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:ハードカバー(169ページ)
  • ISBN:4104709026

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

新潮

新潮 2008年6月

関連書評/解説/選評
井上ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ