書評

じぶんでひらく絵本(文化出版局)

  • 2017/09/13
じぶんでひらく絵本 〈全4冊〉 / H.A.レイ
じぶんでひらく絵本 〈全4冊〉
  • 著者:H.A.レイ
  • 出版社:文化出版局
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(4ページ)
  • 発売日:1991-10-01
  • ISBN:4579403118

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

遠出のおともに

子どもを連れて遠出するとき、バッグには必ず二種類の絵本を入れてゆく。

一つは、日ごろ慣れ親しんでいる絵本。夜、いつもと違った環境で寝るときなどには、これがあると安心できるようだ。

そしてもう一つは、初めての絵本。レストランや乗り物のなかで、ぐずったり、騒(さわ)いだりしたときに、「これは何かな~?」と気をひくときに登場させる。

前者は決まったものだから迷うこともないが、後者を選ぶのは、けっこう大変だ。気に入るか、気に入らないか、事前に試してみることができない(やはり「初めて見る」というところが肝心なので)。

じっくりストーリーを追うものよりも、多少しかけのあるタイプのほうが、即効性があるようだ。これまでに、うまくいった例をいくつかあげてみると……。

『メイシーちゃん おたのしみひろばへゆきます』(ルーシー・カズンズ作、五味太郎訳、借成社・一四七〇円)。ページごとに公園の場面が現れて、矢印をひっぱると、ブランコが揺れたり池のアヒルが姿を見せたりする。日ごろ、『メイシーちゃんのおうち』(ルーシー・カズンズ作、五味太郎訳、借成社・一九九五円・絶版)という組み立て絵本で、よく遊んでいたので、息子はとても喜んだ。お気に入りの絵本がシリーズで出ている場合、その中の新しい一冊を選ぶのも、いい方法だと思う。キャラクターに親しみがあると、子どもが入っていきやすい。

メイシーちゃん おたのしみひろばへゆきます (メイシーちゃんシリーズ) / ルーシー カズンズ
メイシーちゃん おたのしみひろばへゆきます (メイシーちゃんシリーズ)
  • 著者:ルーシー カズンズ
  • 出版社:偕成社
  • 装丁:単行本(1ページ)
  • 発売日:1992-11-01
  • ISBN:4033211403

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

メイシーちゃんのおうち―くみたてあそびえほん (メイシーちゃんしかけえほんシリーズ) / ルーシー カズンズ
メイシーちゃんのおうち―くみたてあそびえほん (メイシーちゃんしかけえほんシリーズ)
  • 著者:ルーシー カズンズ
  • 出版社:偕成社
  • 装丁:大型本(0ページ)
  • ISBN:4032241309

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

『アンパンマンとシールであそぼう! たべものいっぱい』(やなせたかし原作、東京ムービー作画、フレーベル館・七一四円)は、ピクニックやレストランの場面で、食べ物のシールを貼っていくのが、楽しい。子どもって、ほんとうにシールが大好きな時期があるので、そういう時にはもってこいの本だ。

アンパンマンとシールであそぼう!たべものいっぱい / やなせ たかし,東京ムービー
アンパンマンとシールであそぼう!たべものいっぱい
  • 著者:やなせ たかし,東京ムービー
  • 出版社:フレーベル館
  • 装丁:大型本(0ページ)
  • 発売日:2004-05-01
  • ISBN:4577029030

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

そして、私がおすすめする「遠出のおとも」ベストワンは『じぶんでひらく絵本』という四冊セットのしかけ絵本だ。

たとえば一冊目の『おかあさんとこども』は、すべての右ページに動物のおかあさんが描かれていて、折り返しを開くと、子どもが現れる。単純な仕組みなのだけど、折り返しを開いたときの絵のつながり具合が、素晴らしい。左ページには語りかけの言葉があるのだが、それを聞くのももどかしいという感じで、息子は夢中になってめくっていた。自分でめくれるのが楽しいし、絵の変化が本当に素敵で味わい深いのだ。

他の三冊も、それぞれにこのシンプルなしかけが、最大限に生かされた絵づくりになっている。

もちろんこれらは、遠出しない人にもおすすめで、息子も長いあいだ愛読していた、が、初めて見せてやるなら、遠出の切り札に、と私がしつこく思う理由は、もう一つ。このシリーズは、とてもコンパクトで軽い! 荷物の多い子連れには、まことにありがたい絵本なのです。

  連休に乗る新幹線 子を持てば典型を
  生きることの増えゆく

【この書評が収録されている書籍】
かーかん、はあい 子どもと本と私 (朝日文庫) / 俵万智
かーかん、はあい 子どもと本と私 (朝日文庫)
  • 著者:俵万智
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(224ページ)
  • 発売日:2012-05-08
  • ISBN:4022646667

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

じぶんでひらく絵本 〈全4冊〉 / H.A.レイ
じぶんでひらく絵本 〈全4冊〉
  • 著者:H.A.レイ
  • 出版社:文化出版局
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(4ページ)
  • 発売日:1991-10-01
  • ISBN:4579403118

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連書評/解説/選評
俵万智の書評/解説/選評
ページトップへ