書評

『アラビアの夜の種族』(角川書店)

  • 2017/10/07
アラビアの夜の種族  / 古川 日出男
アラビアの夜の種族
  • 著者:古川 日出男
  • 出版社:角川書店
  • 装丁:単行本(659ページ)
  • 発売日:2001-12-00
  • ISBN-10:4048733346
  • ISBN-13:978-4048733342
内容紹介:
聖遷暦1213年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫りくるナポレオン艦隊。対抗する手段はただひとつ、読む者を狂気に導き、歴史さえも覆す一冊の書-。
西暦一七九八年、オスマン帝国支配下にあるカイロ。ナポレオン率いるフランス艦隊がエジプトに攻め込んでくるものの、旧態依然の騎馬兵から成る軍隊では勝ち目がない。それを察した万能にして眉目秀麗(びもくしゅうれい)な若き執事アイユーブが、主人である知事に秘策を授ける。それは、読む者すべてを狂気に導くという伝説の本「災厄の書」を敵軍に献上すること。主人の許しを得たアイユーブは、エジプト一の語り部ズールムッドの力を借り、「災厄の書」の製作に着手する――。

一八世紀末を背景にした物語枠の中に、ズールムッドが語る『千一夜物語』風の物語を入れ子細工のように仕込む凝った作りが効いている。「もっとも忌まわしい妖術師アーダムと蛇のジンニーアの契約の物語」、その一〇〇〇年後を舞台にした「美しい二人の拾い子ファラーとサフィアーンの物語」、四者が相まみえる物語、後日譚から成る小説内小説の面白さが超ド級だ。アーダム編は悪漢小説。ファラーとサフィアーン編はビルドゥングスロマンにして貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)。アーダムが作った迷宮が舞台のパートはダンジョンゲーム小説風。各々に異なる読み心地を提供して飽きさせない内容になっているのだ。

仕掛けはまだある。この『アラビアの夜の種族』そのものが、作者の古川氏がサウジアラビアを旅した際に発見した古書で、氏はそれを訳しただけという断り書きを冒頭に記すことで”偽書もの”のスタイルを取り、また、冒頭の〈アイユーブという若者を紹介したい〉という一文を物語の最後にも配することで、頭と尻がくっついた円環の書物を完成! これまで書かれてきたアラビアン・ナイトに想を得た小説の中でも、なかなかのレベルを誇る小説に違いない。歴史小説や幻想小説ファンにお薦めできる逸品だ。

【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

アラビアの夜の種族  / 古川 日出男
アラビアの夜の種族
  • 著者:古川 日出男
  • 出版社:角川書店
  • 装丁:単行本(659ページ)
  • 発売日:2001-12-00
  • ISBN-10:4048733346
  • ISBN-13:978-4048733342
内容紹介:
聖遷暦1213年、偽りの平穏に満ちたカイロ。訪れる者を幻惑するイスラムの地に、迫りくるナポレオン艦隊。対抗する手段はただひとつ、読む者を狂気に導き、歴史さえも覆す一冊の書-。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

婦人公論

婦人公論 2002年4月7日

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ