書評

『高慢と偏見とゾンビ』(二見書房)

  • 2017/10/30
高慢と偏見とゾンビ ) / ジェイン・オースティン,セス・グレアム=スミス
高慢と偏見とゾンビ )
  • 著者:ジェイン・オースティン,セス・グレアム=スミス
  • 翻訳:安原 和見
  • 出版社:二見書房
  • 装丁:ペーパーバック(512ページ)
  • 発売日:2010-01-20
  • ISBN:4576100076
内容紹介:
18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林拳の手ほどきを受け、りっぱな戦士となるべく日々修行に余念がない。そんなある日、近所に資産家のビングリーが越してきて、その友人ダーシーが訪問してくる。姉妹きっての優秀な戦士である次女エリザベスは、ダーシーの高慢な態度にはじめ憤概していたものの…。全米で誰も予想だにしない100万部を売上げた超話題作、ついに日本上陸。

異なる物同士が醸す異様な力

本書を見た時「これは何?」と、激しく疑問に思った私。しかし読み始めてみると、この本はまさに「高慢と偏見とゾンビ」以外の何物でもないのです。

物語の基本は、「高慢と偏見」と同じ。しかし、そこには生きる者までがゾンビ化する疫病が蔓延(まんえん)しており、女性にとってもゾンビと戦う能力はたしなみの一つになっています。ご存じベネット家の五姉妹は少林寺で武術修行した経験を持ち、中でも次女エリザベスはその名手。恋に悩みながらも、ゾンビを次々と倒していくのです。

ゾンビが登場しようとダーシーの屋敷で出されるご馳走(ちそう)が「ナレズシ」であろうと、オースティン作品としての面白さがきちんと伝わるのは、驚かされるところ。最後には、敵を倒す力が、果たして女性にとって魅力となるか否かを、考えさせられたのでした。

全く異なる味わいを同時に楽しむことができるこの本。しかしオースティンとゾンビ、両方好きな人がどれほどいるのか、と思ったらアメリカでは大ベストセラーだそうで、異なる物同士の組み合わせが時に異様な力を発揮することを実感します。
高慢と偏見とゾンビ ) / ジェイン・オースティン,セス・グレアム=スミス
高慢と偏見とゾンビ )
  • 著者:ジェイン・オースティン,セス・グレアム=スミス
  • 翻訳:安原 和見
  • 出版社:二見書房
  • 装丁:ペーパーバック(512ページ)
  • 発売日:2010-01-20
  • ISBN:4576100076
内容紹介:
18世紀末イギリス。謎の疫病が蔓延し、死者は生ける屍となって人々を襲っていた。田舎町ロングボーンに暮らすベネット家の五人姉妹は少林拳の手ほどきを受け、りっぱな戦士となるべく日々修行に余念がない。そんなある日、近所に資産家のビングリーが越してきて、その友人ダーシーが訪問してくる。姉妹きっての優秀な戦士である次女エリザベスは、ダーシーの高慢な態度にはじめ憤概していたものの…。全米で誰も予想だにしない100万部を売上げた超話題作、ついに日本上陸。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2010年3月21日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
酒井 順子の書評/解説/選評
ページトップへ