選評

『悪女の美食術』(講談社)

  • 2017/11/20
悪女の美食術 (講談社文庫) / 福田 和也
悪女の美食術 (講談社文庫)
  • 著者:福田 和也
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(392ページ)
  • 発売日:2009-06-12
  • ISBN:4062763907

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

講談社エッセイ賞(第22回)

受賞作=野崎歓「赤ちゃん教育」、福田和也「悪女の美食術」/他の選考委員=東海林さだお、坪内祐三、林真理子/主催=講談社/発表=「小説現代」二〇〇六年十一月号

この二作

群れて食べるのは下品、他人を侵害しないことが食卓マナーの基本、寿司店で符丁を使うのは禁物などなど、福田和也さんの『悪女の美食術』に盛られた諸心得はだらしなく飽食に耽っているわたしたちの心臓と胃袋とを鋭く突き刺す。小さなときから食べることに元手をかけてきた著者はこれまでに貯えた知識と体験を総ざらいして、そうした方がおいしく食べられますよと囁いてくれているので、これらの諸心得は読み手の心にすなおに入ってくる。とても気分がいい。偉いのは、何事も基本から考えて行こうという著者の態度で、そこからフランス料理の歴史そのものが浮かび上がってきたりするから教養書としても値打ちがある。読みながら何度も吹き出したが(たとえば「小川軒問題」)、そのあたりには正義と微笑とでつくられたユーモア感覚が横溢している。ワインに比べて日本酒の記述に乏しいが、それはたぶん次の一冊にとってあるのだろう。

一人のフランス文学者が、わが子の誕生と成育を文学を援用しながら語ったのが『赤ちゃん教育』、いってみればこれは著者野崎歓さんの文学アンソロジー的育児日記である。この世で臭いものは、糠味噌とわが子を語るときの親の口ぶりと相場が決まっているが、その臭みを『機関車トーマス』からサルトルの自伝『言葉』にいたる約三十編からの引用がみごとに消し去る。引用文に寄り添いながら著者は、父親になったことを誇ってみたり、やっぱりダメ父だと卑下してみたり、ありとあらゆる技巧を駆使して、いつの間にか個の事情を普遍の問題へと高めて行く。それにつれて読み手には野崎家が我が家のように思われてきて、野崎さんの坊やがわが子のように見えてくるから不思議だ。こうして読み手の胸はさわやかな感動で満たされる。この高度で洒脱な文学的曲芸には脱帽するしかない。

赤ちゃん教育 / 野崎 歓
赤ちゃん教育
  • 著者:野崎 歓
  • 出版社:青土社
  • 装丁:単行本(160ページ)
  • 発売日:2005-06-01
  • ISBN:4791761936

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この選評が収録されている書籍】
井上ひさし全選評 / 井上 ひさし
井上ひさし全選評
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(821ページ)
  • ISBN:4560080380

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

悪女の美食術 (講談社文庫) / 福田 和也
悪女の美食術 (講談社文庫)
  • 著者:福田 和也
  • 出版社:講談社
  • 装丁:文庫(392ページ)
  • 発売日:2009-06-12
  • ISBN:4062763907

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

小説現代

小説現代 2006年11月

関連書評/解説/選評
井上ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ