選評

『忘れられる過去』(朝日新聞出版)

  • 2018/09/10
忘れられる過去 / 荒川洋治
忘れられる過去
  • 著者:荒川洋治
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(304ページ)
  • 発売日:2011-12-07
  • ISBN:4022646438
内容紹介:
鋭い批評精神とやわらかいユーモアの光る、傑作随筆全七四編。講談社エッセイ賞受賞作品。

講談社エッセイ賞(第20回)

受賞作=荒川洋治「忘れられる過去」、酒井順子「負け犬の遠吠え」/他の選考委員=東海林さだお、坪内祐三、林真理子/主催=講談社/発表=「小説現代」二〇〇四年十一月号

豊かな収穫

エッセイの正体とは、自慢話をひけらかすことだと定義したことがあります。ただし、自慢たらたら書いてしまうと、その臭味に読者はたちまち鼻白んでしまう。そこで、どう臭味を抜くか、自慢話であることをどう隠すかが勝負の要(かなめ)、ただその一点に、エッセイの巧さ下手さが現われます。

荒川洋治さんの『忘れられる過去』は、わたしはこの本をこう読んだ、わたしはこんな人のことを知っている、わたしはこんなことまで考えている、どうだまいったかという自慢を、俗臭の欠(かけら)もない透き通った文章で、それでいて人間存在のじつに深いところにまで届くしなやかな文章で、みごとに隠し果(おおせ)ています。一気に読んでは損、気長に味わって読んだら得。これは現代散文の達成の一つではないでしょうか。

酒井順子さんの『負け犬の遠吠え』は、卓抜な定義集です。負け犬、オタ夫、イヤ汁、可哀相な小羊ちゃんヅラ、人生たられば劇場など、愉快で奇抜な定義を連発しながら、現代女性の生き方を軽快に描写して行くので、わたしは理由があって負け犬をしているのよ、どうだまいったかという自慢は、すっかり消えてしまいました。古風な骨格を持つ文章と古くさい漢字の使い方に、こういった奇抜な定義がくっついて、独特の諧謔味(かいぎゃくみ)が生まれてもいます。こうして幾重にも臭味を抜いたせいで、愉快な、しかし鋭い社会分析をたくさんに盛った一冊が誕生しました。二作とも、今年度エッセイの豊かな収穫として誇るべきものと考えます。

【この選評が収録されている書籍】
井上ひさし全選評 / 井上 ひさし
井上ひさし全選評
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(821ページ)
  • ISBN:4560080380
内容紹介:
2009年までの36年間、延べ370余にわたる選考会に出席。白熱の全選評が浮き彫りにする、文学・演劇の新たな成果。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

忘れられる過去 / 荒川洋治
忘れられる過去
  • 著者:荒川洋治
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 装丁:文庫(304ページ)
  • 発売日:2011-12-07
  • ISBN:4022646438
内容紹介:
鋭い批評精神とやわらかいユーモアの光る、傑作随筆全七四編。講談社エッセイ賞受賞作品。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

小説現代

小説現代 2004年11月

関連記事
井上 ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ