書評

『カンバセイション・ピース』(河出書房新社)

  • 2020/08/19
カンバセイション・ピース / 保坂 和志
カンバセイション・ピース
  • 著者:保坂 和志
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:文庫(472ページ)
  • 発売日:2015-12-05
  • ISBN-10:4309414222
  • ISBN-13:978-4309414225
内容紹介:
「きっとそれは私の心の中だけの出来事ではなくて、世界の中で起こったことだと考えていいはずじゃないかと思うのだ」
小説家の私が妻と三匹の猫と住みはじめた築五十年の世田谷の家。そこに暮らす人々の音や交錯する視線に誘われるように立ち上がる家の記憶は、やがて生と死、過去と現在を溶かした壮大な交響曲(シンフォニー)となり、いま、私たちは〈世界の深層〉を体感する。
「読み終えた時、私はすっかり小説家の内田さんの家に居ついた人間になっていた」種田陽平氏(美術監督)
日本文学の傑作にして、著者代表作! !
自分と家族のみならず、飼っている犬・猫・小鳥まで一枚の絵の中におさめてしまう、一八世紀にイギリス貴族の間ではやったカンバセイション・ピース。〈家族の肖像〉と訳されるその言葉をタイトルに持つ保坂和志さんの最新小説は、東京・世田谷に建つ築五〇年の古い一軒家を舞台に、“今の此処”と“かつての此処”が静かに深く呼応する様を描いた傑作長篇だ(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2003年)。

小説家の「私」が妻や猫三匹と暮らしている家は、後輩が経営する社員三人の会社が間借りし、妻の大学生の姪も同居している。これはそもそも「私」の伯父さんが建てた家で、かつては祖父母に伯父夫婦、年上のいとこたちが暮らし、「私」も一時期、母や弟と住んだことのある、にぎやかな記憶の残る場所だ。猫と遊び、横浜ベイスターズを球場で応援し、庭木に水をやり、同居人たちとの会話を楽しみ、お盆でやってきたいとこたちを歓待し、かつての記憶を今の家の中に認め蘇らせ――。夏から秋にかけての「私」の穏やかな日々が淡々と流れていく。

保坂和志さんの小説はよく「何も起こらない日常を描いて云々」と評される。でも、そう? 日常って何も起こってない? 起こってないんじゃなくて、起きたことに無自覚なだけなんじゃない?

保坂さんは日々を流さない。日常生活の充足感をきちんと言葉にし、今・此処の空気を作り出した、かつて・此処で起こったことや、生活していた人や動物に想いを馳せる。

「家にはかつてそこに住んだ人たちの気配がいつまでも残るものなのだ」

愛猫チャーちゃんは死んでしまったのだけれど、それは“いない”ということではない。“生きる/死ぬ”ということは、“いる/いない”とイコールではないと、保坂さんは強く確信し、その言葉にしにくい感覚を読者に意を尽くして伝えてくれる。流すことなく、時に立ち止まって、日常の中で起きるささやかな出来事を認め、思いを寄せれば、今・此処は輝きを取り戻す。かつて・此処が今・此処の光の中でその影の濃さを増す。

深遠な哲学が語られているのに、少しも難解ではない。立体的な登場人物、彼らが交わす対話小説といってもいいほど多い会話、絶妙のタイミングで繰り出される笑い。これは、たしかに現時点での著者の最高傑作だ。劇的な恋愛や猟奇的な殺人、涙を誘う癒しの物語を扱った小説ばかりがよく売れるけど、「そんな簡単に共感をえられるようなものばっかり読もうとしないで、中身が全然想像つかないものを読みなさいよ」、「私」の妻が姪に放つ言葉に強くうなずいてしまうわたしだ。

ホント、読みなさいよ。

【この書評が収録されている書籍】
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド / 豊崎 由美
そんなに読んで、どうするの? --縦横無尽のブックガイド
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:アスペクト
  • 装丁:単行本(560ページ)
  • 発売日:2005-11-29
  • ISBN-10:4757211961
  • ISBN-13:978-4757211964
内容紹介:
闘う書評家&小説のメキキスト、トヨザキ社長、初の書評集!
純文学からエンタメ、前衛、ミステリ、SF、ファンタジーなどなど、1冊まるごと小説愛。怒濤の239作品! 560ページ!!
★某大作家先生が激怒した伝説の辛口書評を特別袋綴じ掲載 !!★

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

カンバセイション・ピース / 保坂 和志
カンバセイション・ピース
  • 著者:保坂 和志
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:文庫(472ページ)
  • 発売日:2015-12-05
  • ISBN-10:4309414222
  • ISBN-13:978-4309414225
内容紹介:
「きっとそれは私の心の中だけの出来事ではなくて、世界の中で起こったことだと考えていいはずじゃないかと思うのだ」
小説家の私が妻と三匹の猫と住みはじめた築五十年の世田谷の家。そこに暮らす人々の音や交錯する視線に誘われるように立ち上がる家の記憶は、やがて生と死、過去と現在を溶かした壮大な交響曲(シンフォニー)となり、いま、私たちは〈世界の深層〉を体感する。
「読み終えた時、私はすっかり小説家の内田さんの家に居ついた人間になっていた」種田陽平氏(美術監督)
日本文学の傑作にして、著者代表作! !

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

GINZA

GINZA 2003年11月

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ