書評

『有名人の法則』(河出書房新社)

  • 2019/06/04
有名人の法則 / 山田 登世子
有名人の法則
  • 著者:山田 登世子
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(183ページ)
  • 発売日:1994-04-00
  • ISBN:4309241468
内容紹介:
有名人はなぜモテル?偉大なひとはなぜもてない。男と女のすれ違い12の定理。
現在、有名人とはテレビに出ている普通の人である。「有名人だからテレビにでるのではなく、テレビにでているから有名人」なのである。しかしこの「有名人」は、なぜか女性の「恋愛的興味」をかきたてる。というのも、その「興味とは『ひと』によせるキョーミであって、そのひとが何をしたか、その仕事にたいする関心ではありません。いちど、テレビでおなじみの顔になってしまえば、なぜテレビにでたのかなんて、もともとの理由などなんでもかまわない」。

一方、男たちはあいも変わらず、自分や他人の業績や所有物を比較し、その僅(わず)かな差をもって、「おれのほうがデキル」と確認すること以外に楽しみがない。男たちは、ひたすら嫉妬をエネルギーとして貯め込み、永遠の優位性の戦争を続ける。だが、女たちはこうしたデキル「男」の価値にはまったく関心を払わず、テレビ的な「有名人」にしか恋心を感じない。かくして、男と女の興味は永遠にまじわることがない。バルザックの『幻滅』をテキストに使った、痛快な「有名人VS偉人」論。




【この書評が収録されている書籍】
歴史の風 書物の帆  / 鹿島 茂
歴史の風 書物の帆
  • 著者:鹿島 茂
  • 出版社:小学館
  • 装丁:文庫(368ページ)
  • 発売日:2009-06-05
  • ISBN:4094084010
内容紹介:
作家、仏文学者、大学教授と多彩な顔を持ち、稀代の古書コレクターとしても名高い著者による、「読むこと」への愛に満ちた書評集。全七章は「好奇心全開、文化史の競演」「至福の瞬間、伝記・自伝・旅行記」「パリのアウラ」他、各ジャンルごとに構成され、専門分野であるフランス関連書籍はもとより、歴史、哲学、文化など、多岐にわたる分野を自在に横断、読書の美味を味わい尽くす。圧倒的な知の埋蔵量を感じさせながらも、ユーモアあふれる達意の文章で綴られた読書人待望の一冊。文庫版特別企画として巻末にインタビュー「おたくの穴」を収録した。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

有名人の法則 / 山田 登世子
有名人の法則
  • 著者:山田 登世子
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(183ページ)
  • 発売日:1994-04-00
  • ISBN:4309241468
内容紹介:
有名人はなぜモテル?偉大なひとはなぜもてない。男と女のすれ違い12の定理。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 1994年6月6日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ