書評

『ベストセラーの方程式』(筑摩書房)

  • 2020/08/26
ベストセラーの方程式 / 井狩 春男
ベストセラーの方程式
  • 著者:井狩 春男
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(253ページ)
  • ISBN-10:4480030190
  • ISBN-13:978-4480030191
内容紹介:
オイシイ本たち、美しい本たち、起爆力のある本たち…ひと口にベストセラーといってもいろいろ。どんな本が売れたのか。どういう本がベストセラーになるのか。「売れる本」をめぐるとっておきの話。

本を売る側の意見

書評もふくめて送り手分析は多いけれど、読者論のような受け手分析は少ない。井狩春男『ベストセラーの方程式』(ブロンズ新社)は取次に勤める立場で売れる本の条件を分析した本で、送り手、受け手とその仲介者の関係がなかなかよく見えて面白い。

「女性が買うとベストセラーになる」「ベストセラーの値段は千円前後」「新刊が出るたびに著者の最初の本が売れる」「イヌの本よりネコの本の方が売れる」などフーム、なるほどの話はまだまだある。

吉本ばななの小説が売れたとき、読者の十~二十代の女性は吉本隆明を知らなかったから、これは親の七光り本とはいえないが、マスコミ人には隆明氏の読者が多く、記事になりやすかったかもしれないという指摘は、あまり上品な見方ではないがスルドイ。圧巻は第百回芥川賞・直木賞を「商売として賞が設けられている」と仮定して推理して、見事ダブル受賞の四人を当ててしまうくだり。「もちろん選考委員のみなさんは内容で選ばれていることは書くまでもない」というオチが楽しめた。

それから「書評委員は偉い方々がほとんどで若い人が少ない」「大新聞はガチガチのスキのない論文みたいな書評がほとんど」という指摘は書評の末席に連なる者として考えさせられた。

私自身は書評委員会に出るようになって「思ったより時間をかけてフェアに本を選んでいるんだ」という印象だけど、やはり限られたスペースだから「今年の労作」をきちんと「批評」するという構えになりやすく、何百万人もの読者の興味からかけ離れやすいのも確か。面白いと思った本を、もっと気楽に、読みたくなるように取り上げてみたいと鋭意努力中です。

「売ることについて書くと志派の良書出版人に非難を受けそうだが」と著者は控え目に断っているが、必要な本を必要な読者に届けるという一点に立って、地道な少部数の本やミニコミへの理解をふくめ、本へのスタンスははっきりしている。

ところで、「内容の暗い本は装幀くらい明るく」「8ポでビッチリはサービスしたつもりでも読者は喜ばない」といった有益なプロの指摘に「志派の良心的出版社」こそ耳を傾けるべきだろう。

【この書評が収録されている書籍】
読書休日 / 森 まゆみ
読書休日
  • 著者:森 まゆみ
  • 出版社:晶文社
  • 装丁:単行本(285ページ)
  • ISBN-10:4794961596
  • ISBN-13:978-4794961594
内容紹介:
電話帳でも古新聞でも、活字ならなんでもいい。読む、書く、雑誌をつくる、と活字を愛してやまない森さんが、本をめぐる豊かな世界を語った。幼い日に心を揺さぶられた『フランダースの犬』、『ゲーテ恋愛詩集』、そして幸田文『台所のおと』まで。地域・メディア・文学・子ども・ライフスタイル―多彩なジャンルの愛読書の中から、とりわけすぐれた百冊余をおすすめする。胸おどる読書案内。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ベストセラーの方程式 / 井狩 春男
ベストセラーの方程式
  • 著者:井狩 春男
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(253ページ)
  • ISBN-10:4480030190
  • ISBN-13:978-4480030191
内容紹介:
オイシイ本たち、美しい本たち、起爆力のある本たち…ひと口にベストセラーといってもいろいろ。どんな本が売れたのか。どういう本がベストセラーになるのか。「売れる本」をめぐるとっておきの話。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 1990年6月~1993年3月

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
森 まゆみの書評/解説/選評
ページトップへ