前書き

『図説 世界の神話伝説怪物百科』(原書房)

  • 2019/10/03
図説 世界の神話伝説怪物百科 / テリー・ブレヴァートン
図説 世界の神話伝説怪物百科
  • 著者:テリー・ブレヴァートン
  • 翻訳:日暮 雅通
  • 出版社:原書房
  • 装丁:単行本(400ページ)
  • 発売日:2019-09-20
  • ISBN:4562056886
内容紹介:
世界の怪物・奇人伝説から不可解で奇妙な遺物、魔物の目撃譚などあまねく収集した図説百科事典。500項目、詳細索引付録。
怪物、魔物、不思議、秘密……科学がいくら発達しようとも、私たちは不可解な出来事や奇妙な物語に引き寄せられます。そんな神話や伝説、目撃譚を集大成した『図説 世界の神話伝説百科事典』は、とにかく濃い! 図版多数、約500項目にわたる本書のまえがきを公開します。

「闇の魅惑と想像力」を集大成!

世界中のどの文化においても、人は大人になるにつれて、子供のころに信じていたことを信じなくなる。たとえば西洋文化では、ほとんどの国に聖ニコラウス、つまりサンタクロースがいるが、信じるのは子供だけだ。他方、天使や悪魔のような概念は成長すると多くの人が捨て去るが、信じたままの友人や知り合いもいるだろう。
子供を脅すのに使う“ブギーマン”や、暗闇への恐怖を、生涯にわたって捨て去れない人もいる。数多くの宗教に共通の物語があり、“大洪水”のような話は、何千年もの昔の出来事がもとになっている。園芸家の多くが信じている、植物は言葉や音楽に反応するという考えは、精霊信仰時代の祖先にもあった。
アーサー王伝説や『千夜一夜物語』などの多くの物語は、さまざまな文化と混じり合い、新しい筋書きの基礎として現代小説によみがえっている。旅人の物語に登場した驚くべき怪物の中には、実際に現実の動物だったとわかったものもある。巨大な鳥は、もしかしたら絶滅した種なのかもしれない。


人間はずっと、先人・先祖の話に魅了され、言葉と文字を持ったばかりの時代から、たくみに織り上げられた物語を受け継いできた。怪物や幽霊、奇妙な生き物についての数多くの伝説は、たくさんの文化に行き渡っている。情報がすぐに手に入り、さまざまな国や動物、自然の脅威についてはるかに膨大な知識がある現代においても、いまだに私たちは祖先から楽しみをもらい、学ぶことがあるのだ。

本書の原題である“ファンタスマゴリア”(Phantasmagoria)とは、幻影や幻想を集めて、超自然的な光景をつくりだす技法を言う。この名称で18世紀に行われた亡霊投影ショーでは、改良型のマジック・ランタン(幻灯機)から、壁や煙や半透明のスクリーンに向かって、ときにはうしろ側から、悪魔や骸骨、亡霊が戦う姿を投影した。複数の投影機を使うことにより、さまざまな映像を素早く切り替えることができたという。
亡霊や悪魔という存在は、現実の出来事や過去の経験にもとづいており、知識や情報があまりなかった祖先が、神話や伝説や宗教では理解できないことを説明しようとしたものだと、今の私たちにはわかっている。

本書は、楽しみのために書いたものだ。私たちが祖先のことを原始的で非合理だと思うように、3000年後の私たちの子孫も、同じ目で私たちのことを見るだろう。そのことも充分にわかってうえで書いたものである。とはいえ、信念や場所、人間や動物は、いろいろな意味で“摩訶不思議”だったり“神秘的”だったりする。生命の多様性や、私たちが歴史によってどのように形づくられたかに対する驚嘆の念を失うことは、人生の目的を見失うことになるだろう。地球はこれまでもこれからも、驚異に満ちた刺激的な星なのだ。

本書で最初に紹介するのは、歴史を通じて私たちの物の見方に影響を与えた、興味深く一風変わった人々だ。その次は、世界中にいる想像上の怪物と亡霊。そして、特別なパワーがあると考えられている、謎めいた場所。さらに次の章では、天使から奇妙な存在までの、飛行するものを取り上げ、深海や水の世界の神秘について述べてから、当然のつながりとして、隠された財宝の物語に移る。最後は、過去と現在の奇妙で謎めいた人工物と、現実的な根拠のある“怪物”と神話についてだ。
ともかく、この本はエンターテインメントのためのものである。この本によって読者が、自分たちの生きている世界の不思議な事柄についてさらに探求してみようと思うようになれば、幸いである。

[書き手]テリー・ブレヴァートン(1946年イギリス生まれ。マンチェスター大学およびランカスター大学卒業。ウェールズ大学大学院の上級講師。インディアナ大学でエヴェレット・ヘルム客員研究員賞受賞)(翻訳:日暮雅通)
図説 世界の神話伝説怪物百科 / テリー・ブレヴァートン
図説 世界の神話伝説怪物百科
  • 著者:テリー・ブレヴァートン
  • 翻訳:日暮 雅通
  • 出版社:原書房
  • 装丁:単行本(400ページ)
  • 発売日:2019-09-20
  • ISBN:4562056886
内容紹介:
世界の怪物・奇人伝説から不可解で奇妙な遺物、魔物の目撃譚などあまねく収集した図説百科事典。500項目、詳細索引付録。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
原書房の書評/解説/選評
ページトップへ