書評

『室町の覇者 足利義満』(筑摩書房)

  • 2020/04/28
室町の覇者 足利義満 / 桃崎 有一郎
室町の覇者 足利義満
  • 著者:桃崎 有一郎
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:新書(349ページ)
  • 発売日:2020-01-07
  • ISBN-10:4480072799
  • ISBN-13:978-4480072795
内容紹介:
朝廷の支配者であり、幕府のトップ。その権力の源泉は儀礼の奥義と、無言の恫喝とジョークだった。天皇も翻弄した義満の正体に迫る。

「俺様キャラ」で栄華空間を演出

中世に、武家でありながら太政大臣に昇った2人の魅力的な政治家がいた。平清盛と足利義満である。この2人には共通点が多い。交易を重視し、先例にとらわれず、朝廷を含めて京都の外から支配し(北山第=てい=は都ではない)、さらに光源氏を意識した(?)等々。本書は、規格外の「俺様キャラ」、義満の真実に挑んだ意欲作である。

室町幕府の土台を作ったのは足利尊氏の弟、直義で、鎌倉幕府は滅んだのではなく足利氏主導で再起動された、というのが著者の見立てだ。相次ぐ大名の反乱は幕府との交渉手段に過ぎず、南朝が大義名分として利用された。義満は南朝を消すために朝廷の掌握に乗り出した。前摂政の二条良基(よしもと)が義満に朝廷の儀礼を熱心に指導し、その追従のおかげで良基の一統は室町時代の摂関をほぼ独占した。義満は昇進と所領を与奪する力を駆使して朝廷を支配した。大名家に対しては、大名の庶子を主体に将軍直臣団を整備して分裂を煽った。そして土岐氏や山名氏、大内氏ら有力守護大名の力をそぎ、孤立した南朝は吸収合併された。

義満は幕府の長である将軍から脱皮して、朝廷代表を兼ねる幕府の長である「室町殿」になった。さらに朝廷と幕府を外から超越的に支配する「北山殿」に脱皮した。しかし、「実験的演劇のワンマン演出家」義満が急死した後、北山殿という地位は捨てられ、子の義持や義教は「室町殿」として足利政権全盛期の日本に君臨したのである。

前著『武士の起源を解きあかす』でもそうだったが著者は大胆な仮説を提示する。例えば、義満が没するまでの10年間政治の中心だった北山第は、金閣寺が名残を残す「仮想現実空間」だった、冗談好みの義満が「狂言(冗談)を極限まで研ぎ澄ます実験」として能や狂言を誕生させた等々。類書と異なるのは確かな史料を根拠にしていること。これは作家ではなく歴史家の優れた仕事である。
室町の覇者 足利義満 / 桃崎 有一郎
室町の覇者 足利義満
  • 著者:桃崎 有一郎
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:新書(349ページ)
  • 発売日:2020-01-07
  • ISBN-10:4480072799
  • ISBN-13:978-4480072795
内容紹介:
朝廷の支配者であり、幕府のトップ。その権力の源泉は儀礼の奥義と、無言の恫喝とジョークだった。天皇も翻弄した義満の正体に迫る。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2020年2月29日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
出口 治明の書評/解説/選評
ページトップへ