解説

『マイナス50℃の世界』(角川学芸出版)

  • 2020/11/21
マイナス50℃の世界  / 米原 万里
マイナス50℃の世界
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:角川学芸出版
  • 装丁:文庫(126ページ)
  • 発売日:2012-01-25
  • ISBN-10:4044094438
  • ISBN-13:978-4044094430
内容紹介:
トイレには屋根がなく、窓は三重窓。冬には、気温が-50℃まで下がるので、釣った魚は10秒でコチコチに凍ってしまう-。世界でもっとも寒い土地であるシベリア。ロシア語通訳者として、真冬の横断取材に同行した著者は、鋭い観察眼とユニークな視点で様々なオドロキを発見していく。取材に参加した山本皓一と椎名誠による写真と解説もたっぷり収められた、親子で楽しめるレポート。米原万里の幻の処女作、待望の文庫化。
一九八四年から翌年にかけての二ヶ月間、米原万里はTBS取材班通訳としてシベリア大陸を旅した。そのときのことはすでに処女作『マイナス50℃の世界』で簡潔に報告されているが、じつは取材班に作家の椎名誠氏と写真家の山本皓一(こういち)氏が加わっていた。

本書は『マイナス50℃の世界』の大幅な改訂版。椎名氏の珠玉の文章と、山本氏のはっと息を呑むようなみごとな写真がたくさん載っている。〈世界のどこに出しても誇れる日本人女性〉と椎名氏が称えた米原の睫毛に、こまかく凍りついた氷柱の列が美しい。

【単行本】
マイナス50℃の世界 / 米原 万里
マイナス50℃の世界
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:清流出版
  • 装丁:単行本(125ページ)
  • 発売日:2007-01-01
  • ISBN-10:4860291891
  • ISBN-13:978-4860291891

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


【旧版・単行本】
マイナス50℃の世界−寒極の生活 / 米原 万里
マイナス50℃の世界−寒極の生活
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:現代書館
  • 装丁:単行本(71ページ)
  • 発売日:1986-07-01
  • ISBN-10:4768477364
  • ISBN-13:978-4768477366

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この解説が収録されている書籍】
井上ひさしの読書眼鏡 / 井上 ひさし
井上ひさしの読書眼鏡
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(185ページ)
  • 発売日:2015-10-23
  • ISBN-10:4122061806
  • ISBN-13:978-4122061804
内容紹介:
面白くて、恐ろしい本の数々-。足かけ四年にわたり『読売新聞』読書面に連載された書評コラム「井上ひさしの読書眼鏡」三十四編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる。著者の遺稿となった書評集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

マイナス50℃の世界  / 米原 万里
マイナス50℃の世界
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:角川学芸出版
  • 装丁:文庫(126ページ)
  • 発売日:2012-01-25
  • ISBN-10:4044094438
  • ISBN-13:978-4044094430
内容紹介:
トイレには屋根がなく、窓は三重窓。冬には、気温が-50℃まで下がるので、釣った魚は10秒でコチコチに凍ってしまう-。世界でもっとも寒い土地であるシベリア。ロシア語通訳者として、真冬の横断取材に同行した著者は、鋭い観察眼とユニークな視点で様々なオドロキを発見していく。取材に参加した山本皓一と椎名誠による写真と解説もたっぷり収められた、親子で楽しめるレポート。米原万里の幻の処女作、待望の文庫化。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」図録

米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」図録 2008年10月刊

関連記事
井上 ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ