前書き

『中銀カプセルスタイル: 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー』(草思社)

  • 2020/12/24
中銀カプセルスタイル: 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー / 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
中銀カプセルスタイル: 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー
  • 著者:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
  • 出版社:草思社
  • 装丁:単行本(132ページ)
  • 発売日:2020-12-23
  • ISBN-10:4794224885
  • ISBN-13:978-4794224880
内容紹介:
解体が迫る!?それでも時代はカプセルを求めている。 いまこそその真価を発揮する、中銀カプセルタワーの普段は非公開の内部を撮りおろし写真で大公開! 銀座に立つ黒川紀章の傑作にして、… もっと読む
解体が迫る!?それでも時代はカプセルを求めている。 
いまこそその真価を発揮する、中銀カプセルタワーの普段は非公開の内部を
撮りおろし写真で大公開! 

銀座に立つ黒川紀章の傑作にして、日本近代建築の金字塔、中銀カプセルタワービル。
その奇抜な外観が目を引きますが、このデザインは、「移動し続ける人類=ホモ・モーベンス」が
生きる未来を想定した姿であり、それはまさに情報化時代である現代そのものです。
さらに、設計当時には想定されていなかった円窓の「動画映え」や
コロナ下でのセカンドオフィス、DIYなど、最新潮流にこそカプセルの思想が生かされています。
カプセルタワーのコンセプトの驚異の先見性が、新時代の生活で開花したさまを、
美麗写真で20部屋一挙公開!

■目次
スタイル01:日常から切り離された秘密の場所
スタイル02:時間だけが生み出せるカタチ
スタイル03:銀座の「すみっこ」という特等席
スタイル04:映画がつないだ人とカプセル
スタイル05:人を惹きつける漆黒の舞台装置
スタイル06:ホワイトキューブに満載の工夫と情熱
スタイル07:銀座に浮かぶ和室の別荘
スタイル08:カプセルのポテンシャルを引き出す名人
スタイル09:ウクライナよりカプセル愛とともに
スタイル10:円窓「そのもの」に寝られる夢の部屋
スタイル11:同好の士が集う開かれたカプセル
スタイル12:ツアーが継承してゆく建築文化
スタイル13:円窓がカッチョいいから住む
スタイル14:ここに住めれば、他は何もいらない
スタイル15:紆余曲折の歴史も含めて面白がること
スタイル16:未来を担う建築家の創造性を加速する
スタイル17:DJコスプレイヤーのカルチャー発信基地
スタイル18:国際派弁護士のリモート拠点
スタイル19:カプセルタワーの伝説的応援人
スタイル20:カプセルの思想を受け継ぎ、伝えていく場所
世界的に有名な建築家である黒川紀章氏が設計した中銀カプセルタワービルは、今から50年近く前の1972年に竣工しました。社会の変化や成長に合わせて建築・都市も有機的に変化する「メタボリズム」の思想に基づいてつくられた建物として広く知られています。昨今、「解体」か「保存」かで注目されることが多いこの建築ですが、実は現在、最先端な使われ方をしているのを皆さんはご存じでしょうか?リモートオフィスから「映え」るコスプレイヤーのSNS発信基地まで、20の個性的な利用者の姿に美麗な写真で迫る本書。今回は編者である「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」による、本編未収録の書き下ろしの「はじめに」をここに掲載します。
 

「移動する人類」が活躍する未来を予測していた

1972年、世界的建築家である黒川紀章氏の代表作が誕生しました。それが銀座に立つ、中銀カプセルタワービルです。日本国内はもちろんですが、海外、その中でも特に建築やデザインに関わる外国人からの評価が高く、今でも多くの観光客が訪れます。

その特徴的な外観は「メタボリズム」の思想を体現したものです。2本のコアシャフトに、140のカプセルが取り付けられています。カプセルは約25年毎に交換されることで新陳代謝を実現するという想定です。この建物でもう一つ重要なのは、黒川紀章は将来、交通や通信技術の発達により、様々な場所を移動し続ける人類=「ホモ・モーベンス」が誕生すると予想していたことです。黒川氏はそこで、短期間だけ滞在できる、個人のための極小スペースが都市に必要だと考えたのです。カプセルの10平米という大きさは、この移動する人類を想定した設計です。この黒川氏の描いた予想図は、ラップトップさえあればどこでも仕事できてしまう現代の姿そのものです。また、近頃話題の「ミニマリズム」に通底するものを先取りしていたとも言えるかもしれません。

予想を超えた使われ方

新陳代謝を目指したこの建築は、実際には竣工から48年経った今でも一度もカプセルが交換されたことはありません。ですが、カプセルが交換されなかったためにこそ、室内のリノベーションが様々に進化してきています。竣工当時のオリジナルのデザインを再現する人。意匠にこだわり、アンティークな内装にしたり、はたまた完全な和室にしたり。コロナ禍でのオフィスに利用したり、DJコスプレイヤーがSNSでプレイを配信したり……カプセルタワーはまるで最近のスタイルを待っていたかのように見事に適応しています。備え付けのデスクにノートパソコンを置いて作業したり、靴箱用の除湿器を見つけてきたりと、この特別な空間を使いこなす工夫の数々は眺めていて飽きることがないほどです。

解体の危機

管理組合で建て替えが議論された2014年、カプセルタワーを愛する住人とオーナーにより「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」が結成されました。設計当初の意図どおり、カプセル交換することでメタボリズムを実現することを目的に、さまざまな活動を行ってきました。本書の刊行もその活動の1つです。

しかし、このコロナ禍の影響を受け、カプセルビルは未だかつてない危機に立たされています。もしかしたら、カプセルタワービルは解体されてしまうかもしれません。ある利用者はこう言っています。「窓の外を見ていると、1時間に2~3人くらいは向かいの歩道橋から写真を撮っています。面白さ、楽しさは住んでいる人だけのものではない、それがほかには見られないカプセルタワーの役割」だと。優れた建築は、そこに実在してこそ、街と人々にその魅力で貢献することができるのではないでしょうか。

たとえ結果的に解体されたとしても、ここで紹介する20のカプセルが中銀カプセルタワーの記憶として、多くの人々の心に刻まれることを願ってやみません。

[書き手]中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
代表、前田達之。中銀カプセルタワービルの保存と再生を目的に、2014年にオーナーや住人とプロジェクトを結成。見学会の開催や1か月単位で宿泊できるマンスリーカプセルの運営、取材や撮影のサポートをおこなう。編著書に『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(2015年、青月社)『中銀カプセルガール』(2017、青月社)などがある。
中銀カプセルスタイル: 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー / 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
中銀カプセルスタイル: 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー
  • 著者:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
  • 出版社:草思社
  • 装丁:単行本(132ページ)
  • 発売日:2020-12-23
  • ISBN-10:4794224885
  • ISBN-13:978-4794224880
内容紹介:
解体が迫る!?それでも時代はカプセルを求めている。 いまこそその真価を発揮する、中銀カプセルタワーの普段は非公開の内部を撮りおろし写真で大公開! 銀座に立つ黒川紀章の傑作にして、… もっと読む
解体が迫る!?それでも時代はカプセルを求めている。 
いまこそその真価を発揮する、中銀カプセルタワーの普段は非公開の内部を
撮りおろし写真で大公開! 

銀座に立つ黒川紀章の傑作にして、日本近代建築の金字塔、中銀カプセルタワービル。
その奇抜な外観が目を引きますが、このデザインは、「移動し続ける人類=ホモ・モーベンス」が
生きる未来を想定した姿であり、それはまさに情報化時代である現代そのものです。
さらに、設計当時には想定されていなかった円窓の「動画映え」や
コロナ下でのセカンドオフィス、DIYなど、最新潮流にこそカプセルの思想が生かされています。
カプセルタワーのコンセプトの驚異の先見性が、新時代の生活で開花したさまを、
美麗写真で20部屋一挙公開!

■目次
スタイル01:日常から切り離された秘密の場所
スタイル02:時間だけが生み出せるカタチ
スタイル03:銀座の「すみっこ」という特等席
スタイル04:映画がつないだ人とカプセル
スタイル05:人を惹きつける漆黒の舞台装置
スタイル06:ホワイトキューブに満載の工夫と情熱
スタイル07:銀座に浮かぶ和室の別荘
スタイル08:カプセルのポテンシャルを引き出す名人
スタイル09:ウクライナよりカプセル愛とともに
スタイル10:円窓「そのもの」に寝られる夢の部屋
スタイル11:同好の士が集う開かれたカプセル
スタイル12:ツアーが継承してゆく建築文化
スタイル13:円窓がカッチョいいから住む
スタイル14:ここに住めれば、他は何もいらない
スタイル15:紆余曲折の歴史も含めて面白がること
スタイル16:未来を担う建築家の創造性を加速する
スタイル17:DJコスプレイヤーのカルチャー発信基地
スタイル18:国際派弁護士のリモート拠点
スタイル19:カプセルタワーの伝説的応援人
スタイル20:カプセルの思想を受け継ぎ、伝えていく場所

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

ALL REVIEWS

ALL REVIEWS 2020年12月24日

関連記事
草思社の書評/解説/選評
ページトップへ