書評

『俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方』(商業界)

  • 2020/04/10
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方 / 坂本 孝
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方
  • 著者:坂本 孝
  • 出版社:商業界
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(240ページ)
  • 発売日:2013-04-03
  • ISBN-10:4785504544
  • ISBN-13:978-4785504540
内容紹介:
今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。その「俺の」シリーズを率い… もっと読む
今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。
1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。
その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。
坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。そして突然の退任。
一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。
前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。
そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。
まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。

客より社員の会社

最近、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」というチェーン店がすごく人気らしい(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2013年)。立ち飲み中心なのだが、料理がうまくて値段は激安、店員がすすめるワインもたいへんいいのだとか。東京の銀座八丁目や新橋あたりに何店もあるそうだ。

坂本孝『俺のイタリアン、俺のフレンチ』は、経営者がそのノウハウを紹介したビジネス書である(レシピ本ではないのでご注意を)。副題は「ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方」。

この著者名、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、そう、あのブックオフの創業者である。中古ピアノの買い取り販売で成功し、そのノウハウを古書に応用したのがブックオフ。1990年に登場して、あっという間に日本の読書を変えた。いまじゃ街でいちばん大きくて品揃えもいい書店はブックオフ、というところも珍しくない。早大で教えていたとき「日本で感動したのはブックオフ。私の国にも持ち帰りたい」と中国からの留学生が熱く語っていた。たしか坂本はスキャンダルが原因でブックオフを離れたのでは?

中古ピアノから古本へ、そして外食産業へ。共通点は何かというと価格破壊だ。それも安かろう悪かろうではなくて、いいものを安く売る。一流の料理人を連れてきて、安い値段で提供するのだ。

原価率は高い。そのかわり回転率も高い。立ち飲み中心にして内装にはお金をかけない。だから人の多いところにしか出店しない。徹底的な割り切りである。繁盛するのもわかる。落ち着いてゆっくり飲み食いしたいぼくには苦手なタイプの店かもしれない。

そんなに回転率が高くては、働いているほうも大変だろうと思うが、「私は、社員を第一に大切にしています」と書いている。客より優先順位が高いそうだ。これも常識破り。いまはどんな会社でも顧客第一主義というのに。

面白いのは、人材の確保方法。自分で引き抜いたりせず、人材紹介会社を通すのだそうだ。
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方 / 坂本 孝
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方
  • 著者:坂本 孝
  • 出版社:商業界
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(240ページ)
  • 発売日:2013-04-03
  • ISBN-10:4785504544
  • ISBN-13:978-4785504540
内容紹介:
今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。その「俺の」シリーズを率い… もっと読む
今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。
1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。
その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。
坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。そして突然の退任。
一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。
前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。
そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。
まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

週刊朝日

週刊朝日 2013年6月28日

関連記事
永江 朗の書評/解説/選評
ページトップへ