書評

『火星の人』(早川書房)

  • 2017/08/10
火星の人〔新版〕  / アンディ・ウィアー
火星の人〔新版〕
  • 著者:アンディ・ウィアー
  • 翻訳:小野田和子
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:ペーパーバック(320ページ)
  • 発売日:2015-12-08
  • ISBN:4150120439
内容紹介:
予期せぬ事故で火星に取り残された一人の宇宙飛行士。彼は残る物資と技術を駆使して生き残れるのか!? ベストSF2014第一位、星雲賞受賞の傑作

茶目っ気たっぷりの科学者

有人火星探査のミッション中の事故で宇宙飛行士のマークは、たった1人で火星に取り残される。次に火星探査船が来るのは4年後。だが、食料は1年分しかない。本作は日本で今年公開された映画『オデッセイ』の原作でもある、火星での生活を題材にしたSF小説である。

ひとことで言えば、火星版の『ロビンソン・クルーソー』だが、ネットでは火星版『鉄腕DASH』との評判に。農業から土木まで、いろいろなスキルを身につける「TOKIO」の活躍する人気番組同様、何もない火星から生還するため、主人公は科学知識と困難に向かう勇気で極限状態を生き延びる。

本作で起こる“宇宙でのアクシデント”には、技術的な裏打ちに基づいたリアリティーが備わる。そこがおもしろさ。

植物学者でもあるマークは、火星上の居住施設「ハブ」の中で芋の栽培を画策する。農業には大量の水が必要。彼は大気からCO2を集め、酸素供給機に入れて酸素を生み出す。水素は、推進剤のヒドラジンから遊離させる。ただし、水素と酸素を結合させるためには、燃焼が必要。火災を避けるため、「ハブ」には燃えないものしかない。彼は必死で可燃物を探すのだが……といった具合だ。

デフォーの小説の主人公クルーソーは、勤勉で計画通りに漂流生活を進めた。経済史学者の大塚久雄はそんな彼に合理的、科学的な「近代人」の原型を見いだした。だが、この小説のマークは、全世界に公開された通信に「おっぱい」の絵文字を紛れ込ませ、NASAの調査委員に下品な悪態を吐く茶目(ちゃめ)っ気の持ち主。読み進めるに従い、マークを応援してしまうのは、十分に科学的で合理的でありながら、そこにおさまらない部分があるから。キャラの魅力は、映画より小説版が圧勝である。
火星の人〔新版〕  / アンディ・ウィアー
火星の人〔新版〕
  • 著者:アンディ・ウィアー
  • 翻訳:小野田和子
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:ペーパーバック(320ページ)
  • 発売日:2015-12-08
  • ISBN:4150120439
内容紹介:
予期せぬ事故で火星に取り残された一人の宇宙飛行士。彼は残る物資と技術を駆使して生き残れるのか!? ベストSF2014第一位、星雲賞受賞の傑作

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2016年3月20日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
速水 健朗の書評/解説/選評
ページトップへ