書評

『カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝』(新潮社)

  • 2017/09/01
カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝  / 紀田 順一郎
カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝
  • 著者:紀田 順一郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(205ページ)
  • 発売日:2005-07-14
  • ISBN-10:4106035537
  • ISBN-13:978-4106035531
内容紹介:
戊辰戦争から第一次大戦の好景気まで、軍需品を売り巨万の富を築いた戦争成金や、株の投機に成功した相場師、生糸やタバコでぼろ儲けした事業家は、豪邸を構え、愛人を囲い、芸妓を総揚げにして権勢を誇示した。常識破りの享楽と浪費の末に、急転直下、破産して哀れな末路をたどった富豪や成金たちの赤裸々な生き様を、豊富な資料と図版で描く人物列伝。

野心と欲望剥(む)き出しの企業家たち

大国をめざして経済成長の道をひた走った明治大正期の日本。「新興国・日本」のダイナミズムは、戦後の高度成長期の比ではなかった。戊辰(ぼしん)戦争から、日清・日露戦争を経て、第一次大戦まで、商売人の魂に火をつけて、油を注ぐような”弩級(どきゅう)の商機”が次々と生まれた。

いつの時代も、新聞は「今こそ激動期」と叫ぶものだが、当時は本当の激動期。それと比べれば、今の日本の状況など無風状態に等しい。

本書に登場するのは、こうした環境変化をとらえて、一か八(ばち)かの勝負に出た企業人たちだ。

企業家精神の本質はアニマル・スピリット、すなわち理屈抜きの野心と欲望にある。それは今も昔も変わらない。しかし、明治大正期の企業家は、その濃さが桁違(けたちが)い。裸一貫(はだかいっかん)で海外貿易に乗り出す者、急激に伸びる個人消費を相手にマーケティングで鬼才(きさい)を発揮する者、はたまた政治権力の中枢(ちゅうすう)に分け入って軍需品で一攫千金(いっかくせんきん)を目論(もくろ)む者。それぞれが野心と欲望を剥(む)き出して突進する。

今から見れば素朴(そぼく)でストレートな商売ばかりだが、それだけに、企業家と企業家精神の原点が鮮明に浮かび上がってくる。

ベタ凪(なぎ)の平成日本に生きる人にこそ読んでもらいたい。元気が出ること請(う)け負いである。
カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝  / 紀田 順一郎
カネが邪魔でしょうがない 明治大正・成金列伝
  • 著者:紀田 順一郎
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(205ページ)
  • 発売日:2005-07-14
  • ISBN-10:4106035537
  • ISBN-13:978-4106035531
内容紹介:
戊辰戦争から第一次大戦の好景気まで、軍需品を売り巨万の富を築いた戦争成金や、株の投機に成功した相場師、生糸やタバコでぼろ儲けした事業家は、豪邸を構え、愛人を囲い、芸妓を総揚げにして権勢を誇示した。常識破りの享楽と浪費の末に、急転直下、破産して哀れな末路をたどった富豪や成金たちの赤裸々な生き様を、豊富な資料と図版で描く人物列伝。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

歴史街道

歴史街道 2017年7月6日

関連記事
楠木 建の書評/解説/選評
ページトップへ