書評

『三毛猫ホームズの夢紀行』(光文社)

  • 2018/03/10
三毛猫ホームズの夢紀行  / 赤川 次郎
三毛猫ホームズの夢紀行
  • 著者:赤川 次郎
  • 出版社:光文社
  • 装丁:文庫(305ページ)
  • 発売日:2015-02-10
  • ISBN:4334768652

34年の歴史、社会を反映

第一作『三毛猫ホームズの推理』の刊行が1978年。今作は、それから34年を経た、通算48作目となるシリーズ最新作だ。34年という歳月には、歴史の重みがある。開始当時は、30歳だった赤川も還暦を過ぎた。

筆者が読者として触れたのは28年前、小学校5年生のこと。さわやかな描写とはいえ、男女関係も描く赤川の世界には、それまで読んでいた乱歩の少年シリーズとは違う大人の世界を垣間見る刺激があった。中学生になり、小遣いが増えると新書版を買いそろえた。学校の図書館の外側に連れ出してくれたのは三毛猫ホームズだった。

ずっとファンだったわけではない。ドラマ化されたこともあり、四半世紀ぶりに新作を手にした。時を経ても登場人物たちはあのころのまま。話も相変わらずおもしろい。

刑事なのに血が苦手。高所や女性の恐怖症というダメな主人公の片山。行動派の妹、晴美がいつも事件を解決に導く。

こうした突出したキャラクター設定、リアリズムを少しはみ出しながらも、違和感を持たせることのない文体は、のちのライトノベルの先取りであった。

変化したのは、現代社会の反映という要素が強くなった部分だろうか。主人公たちは年をとらないが、舞台は現代で、携帯電話やパソコンといったアイテムが登場する。ひきこもりの登場人物や恋愛シミュレーションゲームも飛び出し、“ネット社会批判”の視点も垣間見られる。

今も手書きで小説を書くという赤川は保守的かもしれないが、代わりにもうひとりの主人公である猫のホームズは時代の変化にも敏感だ。なんと今作では、デジタルツールを駆使して事件を解決する。残念ながらネタバレの恐れがあるので詳細は控えておくが。
三毛猫ホームズの夢紀行  / 赤川 次郎
三毛猫ホームズの夢紀行
  • 著者:赤川 次郎
  • 出版社:光文社
  • 装丁:文庫(305ページ)
  • 発売日:2015-02-10
  • ISBN:4334768652

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2012年04月15日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
速水 健朗の書評/解説/選評
ページトップへ