解説

『マイナス50℃の世界』(角川学芸出版)

  • 2018/01/20
マイナス50℃の世界  / 米原 万里
マイナス50℃の世界
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:角川学芸出版
  • 装丁:文庫(126ページ)
  • 発売日:2012-01-25
  • ISBN:4044094438
内容紹介:
トイレには屋根がなく、窓は三重窓。冬には、気温が-50℃まで下がるので、釣った魚は10秒でコチコチに凍ってしまう-。世界でもっとも寒い土地であるシベリア。ロシア語通訳者として、真冬の横断取材に同行した著者は、鋭い観察眼とユニークな視点で様々なオドロキを発見していく。取材に参加した山本皓一と椎名誠による写真と解説もたっぷり収められた、親子で楽しめるレポート。米原万里の幻の処女作、待望の文庫化。

寒極の生活

冬のシベリア――釣られた魚がピチピチと跳ねているうちに、たったの十秒間でコチコチの冷凍魚に姿を変えさせられてしまうような極寒の大陸を二ヶ月間、米原万里はTBS取材班の通訳としてカメラとともに東へ行き西へ走った。

帰国後、毎日小学生新聞に乞われて、米原はその信じられないような体験を、こんな極寒の中でも人間がきちんと生きているのだという事実を、平易な文章で、しかしおもしろく深く書いた。

【この解説が収録されている書籍】
井上ひさしの読書眼鏡 / 井上 ひさし
井上ひさしの読書眼鏡
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(185ページ)
  • 発売日:2015-10-23
  • ISBN:4122061806
内容紹介:
面白くて、恐ろしい本の数々-。足かけ四年にわたり『読売新聞』読書面に連載された書評コラム「井上ひさしの読書眼鏡」三十四編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる。著者の遺稿となった書評集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

マイナス50℃の世界  / 米原 万里
マイナス50℃の世界
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:角川学芸出版
  • 装丁:文庫(126ページ)
  • 発売日:2012-01-25
  • ISBN:4044094438
内容紹介:
トイレには屋根がなく、窓は三重窓。冬には、気温が-50℃まで下がるので、釣った魚は10秒でコチコチに凍ってしまう-。世界でもっとも寒い土地であるシベリア。ロシア語通訳者として、真冬の横断取材に同行した著者は、鋭い観察眼とユニークな視点で様々なオドロキを発見していく。取材に参加した山本皓一と椎名誠による写真と解説もたっぷり収められた、親子で楽しめるレポート。米原万里の幻の処女作、待望の文庫化。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
井上 ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ