内容紹介

『あの人とあの本の話』(小学館)

  • 2018/05/23
あの人とあの本の話 / 瀧井 朝世
あの人とあの本の話
  • 著者:瀧井 朝世
  • 出版社:小学館
  • 装丁:単行本(442ページ)
  • 発売日:2018-04-25
  • ISBN:4093886199
内容紹介:
人生を変える、小説との出合いをあなたへ。 伊坂幸太郎、森見登美彦、原田マハ、羽田圭介、島本理生、朝井リョウ、辻村深月、西加奈子…………名立たる作家総勢64名のインタビューが1冊に。作家に愛されるライター・瀧井朝世の「聞く力」はとどまるところを知らず。大物作家たちがうっかり話してしまっ… もっと読む
人生を変える、小説との出合いをあなたへ。 伊坂幸太郎、森見登美彦、原田マハ、羽田圭介、島本理生、朝井リョウ、辻村深月、西加奈子…………名立たる作家総勢64名のインタビューが1冊に。作家に愛されるライター・瀧井朝世の「聞く力」はとどまるところを知らず。大物作家たちがうっかり話してしまった本音がたくさん詰まっています。あなたの人生を変える小説に、出合いませんか。~登場作家(掲載順)~米澤穂信/伊坂幸太郎/森見登美彦/平山瑞穂/原田マハ/桜庭一樹/飴村 行/小島達矢/羽田圭介/篠田節子/島本理生/大崎 梢/朝井リョウ/朝倉かすみ/万城目 学/芦沢 央/辻村深月/津村記久子/藤谷 治/椰月美智子/西 加奈子/伊吹有喜/藤岡陽子/神田 茜/丹下健太/中脇初枝/平野啓一郎/奥田亜希子/竹宮ゆゆこ/佐藤多佳子/春見朔子/伊藤朱里/古川日出男/いしいしんじ/大島真寿美/小川洋子/青木淳悟/江國香織/西崎 憲/片山恭一/市川拓司/青山七恵/村田沙耶香/柴崎友香/中島京子/小野正嗣/宮内悠介/彩瀬まる/白石一文/角田光代/盛田隆二/森 絵都/吉田修一/誉田哲也/雀野日名子/松田青子/薬丸 岳/須賀しのぶ/野中 柊/朝比奈あすか/早見和真/似鳥 鶏/蛭田亜紗子/柚木麻子 【編集担当からのおすすめ情報】 文芸誌「きらら」にて、現在も続いている瀧井さんのインタビュー。遡ってみれば、始まりは10年も前のこと。ですが今読んでも決して色褪せない名インタビューの数々です。作家の方々のお話しをされるお姿が目に浮かぶような、瑞々しい名言たち。ライター・瀧井朝世の底力を一望できる贅沢な一冊。ぜひ、人生の1冊となる小説を見つけてください。*目次P5タイトル表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。誤)万城目 学さん 『バベル久朔』→ 正)万城目 学さん 『バベル九朔』

〈 編集者からのおすすめ情報 〉

文芸誌「きらら」にて、現在も続いている瀧井さんのインタビュー。遡ってみれば、始まりは10年も前のこと。ですが今読んでも決して色褪せない名インタビューの数々です。作家の方々のお話しをされるお姿が目に浮かぶような、瑞々しい名言たち。ライター・瀧井朝世の底力を一望できる贅沢な一冊。ぜひ、人生の1冊となる小説を見つけてください。

〈 登場作家/作品 〉

米澤穂信さん『追想五断章』

伊坂幸太郎さん『オー! ファーザー』

森見登美彦さん『ペンギン・ハイウェイ』

平山瑞穂さん『マザー』

原田マハさん『本日は、お日柄もよく』

桜庭一樹さん『伏 贋作・里見八犬伝』

飴村 行さん『粘膜戦士』

小島達矢さん『夏休みの拡大図』

羽田圭介さん『メタモルフォシス』

篠田節子さん『インドクリスタル』

島本理生さん『匿名者のためのスピカ』

大崎 梢さん『空色の小鳥』

朝井リョウさん『世にも奇妙な君物語』

朝倉かすみさん『植物たち』

万城目 学さん『バベル九朔』

芦沢 央さん『雨利終活写真館』

辻村深月さん『かがみの孤城』『島はぼくらと』

津村記久子さん『八番筋カウンシル』

藤谷 治さん『船に乗れ! III』『世界でいちばん美しい』

椰月美智子さん『恋愛小説』

西 加奈子さん『漁港の肉子ちゃん』

伊吹有喜さん『なでし子物語』

藤岡陽子さん『手のひらの音符』

神田 茜さん『ぼくの守る星』

丹下健太さん『猫の目犬の鼻』

中脇初枝さん『みなそこ』

平野啓一郎さん『マチネの終わりに』

奥田亜希子さん『ファミリー・レス』

竹宮ゆゆこさん『砕け散るところを見せてあげる』

佐藤多佳子さん『明るい夜に出かけて』

春見朔子さん『そういう生き物』

伊藤朱里さん『稽古とプラリネ』

古川日出男さん『聖家族』『女たち三百人の裏切りの書』

いしいしんじさん『四とそれ以上の国』

大島真寿美さん『ピエタ』

小川洋子さん『人質の朗読会』

青木淳悟さん『私のいない高校』

江國香織さん『金平糖の降るところ』

西崎 憲さん『ゆみに町ガイドブック』

片山恭一さん『愛について、なお語るべきこと』

市川拓司さん『こんなにも優しい、世界の終わりかた』

青山七恵さん『めぐり糸』

村田沙耶香さん『殺人出産』

柴崎友香さん『春の庭』

中島京子さん『かたづの!』

小野正嗣さん『九年前の祈り』『線路と川と母のまじわるところ』

宮内悠介さん『エクソダス症候群』

彩瀬まるさん『やがて海へと届く』

白石一文さん『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』

角田光代さん『ひそやかな花園』

盛田隆二さん『二人静』

森 絵都さん『この女』

吉田修一さん『平成猿蟹合戦図』

誉田哲也さん『幸せの条件』

雀野日名子さん『終末の鳥人間』

松田青子さん『スタッキング可能』

薬丸 岳さん『友罪』

須賀しのぶさん『革命前夜』

野中 柊さん『波止場にて』

朝比奈あすかさん『自画像』

早見和真さん『小説王』

似鳥 鶏さん『一〇一教室』

蛭田亜紗子さん『凛』

柚木麻子さん『BUTTER』
あの人とあの本の話 / 瀧井 朝世
あの人とあの本の話
  • 著者:瀧井 朝世
  • 出版社:小学館
  • 装丁:単行本(442ページ)
  • 発売日:2018-04-25
  • ISBN:4093886199
内容紹介:
人生を変える、小説との出合いをあなたへ。 伊坂幸太郎、森見登美彦、原田マハ、羽田圭介、島本理生、朝井リョウ、辻村深月、西加奈子…………名立たる作家総勢64名のインタビューが1冊に。作家に愛されるライター・瀧井朝世の「聞く力」はとどまるところを知らず。大物作家たちがうっかり話してしまっ… もっと読む
人生を変える、小説との出合いをあなたへ。 伊坂幸太郎、森見登美彦、原田マハ、羽田圭介、島本理生、朝井リョウ、辻村深月、西加奈子…………名立たる作家総勢64名のインタビューが1冊に。作家に愛されるライター・瀧井朝世の「聞く力」はとどまるところを知らず。大物作家たちがうっかり話してしまった本音がたくさん詰まっています。あなたの人生を変える小説に、出合いませんか。~登場作家(掲載順)~米澤穂信/伊坂幸太郎/森見登美彦/平山瑞穂/原田マハ/桜庭一樹/飴村 行/小島達矢/羽田圭介/篠田節子/島本理生/大崎 梢/朝井リョウ/朝倉かすみ/万城目 学/芦沢 央/辻村深月/津村記久子/藤谷 治/椰月美智子/西 加奈子/伊吹有喜/藤岡陽子/神田 茜/丹下健太/中脇初枝/平野啓一郎/奥田亜希子/竹宮ゆゆこ/佐藤多佳子/春見朔子/伊藤朱里/古川日出男/いしいしんじ/大島真寿美/小川洋子/青木淳悟/江國香織/西崎 憲/片山恭一/市川拓司/青山七恵/村田沙耶香/柴崎友香/中島京子/小野正嗣/宮内悠介/彩瀬まる/白石一文/角田光代/盛田隆二/森 絵都/吉田修一/誉田哲也/雀野日名子/松田青子/薬丸 岳/須賀しのぶ/野中 柊/朝比奈あすか/早見和真/似鳥 鶏/蛭田亜紗子/柚木麻子 【編集担当からのおすすめ情報】 文芸誌「きらら」にて、現在も続いている瀧井さんのインタビュー。遡ってみれば、始まりは10年も前のこと。ですが今読んでも決して色褪せない名インタビューの数々です。作家の方々のお話しをされるお姿が目に浮かぶような、瑞々しい名言たち。ライター・瀧井朝世の底力を一望できる贅沢な一冊。ぜひ、人生の1冊となる小説を見つけてください。*目次P5タイトル表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。誤)万城目 学さん 『バベル久朔』→ 正)万城目 学さん 『バベル九朔』

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

関連記事
AR事務局の書評/解説/選評
ページトップへ