書評

『紫の雲』(書苑新社)

  • 2019/01/28
紫の雲 / M・P・シール
紫の雲
  • 著者:M・P・シール
  • 翻訳:南條 竹則
  • 出版社:書苑新社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(320ページ)
  • 発売日:2018-12-12
  • ISBN:4883753360
内容紹介:
海外の怪奇幻想小説から、傑作を選りすぐり、
一流の翻訳で、ホラー愛好者に贈るナイトランド叢書。

第3期第4回配本は、
世界の滅亡と再生を壮大に描く、幻想文学の金字塔!
−−−−−−−−

誰かいるか?
誰かいるか?
――呼びかけても、答える声はない。

ただ一人の生存者が旅する死の世界……

邪恋と功名心に駆られ、北極点を目指すアダム。
だが、何処からか毒の雲が立ち昇り、地上の動物は死に絶えた。
ひとり死を免れたアダムは、孤独と闘いつつ世界中を旅する。
生存者を求めて――

異端の作家が狂熱を込めて物語る、
世界の終焉と、新たな始まり。

誇大妄想狂的な側面が臆面なく露出

わたしたちがSFと呼んでいるジャンルは、一九二〇年代に、アメリカのパルプ雑誌から誕生した。そうした初期のSFは、科学が切り開く明るい未来を信奉する、いかにもアメリカらしい楽天的な世界観によって裏打ちされていた。それに対して、一八九五年に『タイム・マシン』を発表したH・G・ウェルズをはじめとして、イギリスの科学小説家たちはまったく独自の道を行き、大衆小説色の強いアメリカ産のSFがあたかも存在しないかのようにふるまった。独特の海洋綺談(きだん)を得意としたウィリアム・ホープ・ホジスン、ウェルズの後を継ぎ、壮大なヴィジョンの人類史を描いたオラフ・ステープルドンといった作家たちを挙げることができる。今回、帯に「幻想文学の金字塔」と謳(うた)われた代表作『紫の雲』(一九〇一年)がようやく翻訳された、M・P・シールもそうしたイギリス科学小説家の一人である。

しかし、M・P・シールの厄介なところは、そうやってひとくくりにできない突出ぶりにある。「金字塔」とはよく言ったものだ。『紫の雲』は喩(たと)えてみれば古代のピラミッドのようなものであり、さらに正確を期せば、巨石が立ち並ぶストーンヘンジの遺跡のように、これを作ったのは地球に飛来した宇宙人かと思わせる奇観を呈している。

『紫の雲』の物語の組み立ては、ほぼ最小である。地球に突如接近してきた謎の雲によって、地上のあらゆる動物がほとんど全滅する。主人公のアダム・ジェフソンは、そのときに北極点に単独で到達したため、偶然にも生き残った。他にも生存者がいないか、彼は船などの移動手段で世界中を旅することになる……。

このようにストーリーをまとめれば、それはSFのサブジャンルの一つでもある、いわゆる「終末物」に分類されるだろう。しかし、『紫の雲』がそうした一般的な終末物と一線を画するのは、人類の終焉(しゅうえん)に面した主人公の態度にある。彼は人間という存在に対して底知れぬ嫌悪感を抱いており、ロンドンをはじめとして、世界中の都市を次々と焼き払う。そして、「全世界は一人のために造られた」という認識の下に、破滅して自分だけが生き残った世界をユートピアの実現だととらえるのだ。こうして、この小説の半分以上は、死体の山が積み上げられた世界の描写に費やされる。ここには紛れもなく、奔放な想像力といったおざなりの言葉ではすまされない、作者M・P・シールの誇大妄想狂的な側面が臆面もないかたちで露出している。

主人公は無人の王国に十六年間暮らした後、コンスタンチノープルで、もう一人の生存者である女性レダを発見する。ここから『紫の雲』は、SF読者にはおなじみの「アダムとイヴ」物へと傾斜していくのだが、その展開も、己を孤高の存在だと思いたい気持ちと、女性という他者が持つ抗(あらが)いがたい性的魅力が、作者の内心で拮抗(きっこう)していた表れだと読むことができるだろう。

M・P・シールの小説は、小説技巧を云々(うんぬん)することでは語れないような、原始的な力を持っている。それはすでに名前を挙げたイギリスの科学小説家たちにも概して言えることだし、アメリカの作家ではただ一人、やはりSFとは無縁だった怪奇小説家のH・P・ラヴクラフトについても言えることだ。わたしたち現代読者は、こうした誇大妄想狂的な作家たちの作品を読んで、大いに辟易(へきえき)しながらも、そこに現代小説には発見できないような生々しい力を見つけ、曰(いわ)く言い難い魅力を覚えてしまうのである。
紫の雲 / M・P・シール
紫の雲
  • 著者:M・P・シール
  • 翻訳:南條 竹則
  • 出版社:書苑新社
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(320ページ)
  • 発売日:2018-12-12
  • ISBN:4883753360
内容紹介:
海外の怪奇幻想小説から、傑作を選りすぐり、
一流の翻訳で、ホラー愛好者に贈るナイトランド叢書。

第3期第4回配本は、
世界の滅亡と再生を壮大に描く、幻想文学の金字塔!
−−−−−−−−

誰かいるか?
誰かいるか?
――呼びかけても、答える声はない。

ただ一人の生存者が旅する死の世界……

邪恋と功名心に駆られ、北極点を目指すアダム。
だが、何処からか毒の雲が立ち昇り、地上の動物は死に絶えた。
ひとり死を免れたアダムは、孤独と闘いつつ世界中を旅する。
生存者を求めて――

異端の作家が狂熱を込めて物語る、
世界の終焉と、新たな始まり。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2019年1月20日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
若島 正の書評/解説/選評
ページトップへ