書評

『ビールの最初の一口―とその他のささやかな楽しみ』(早川書房)

  • 2020/04/23
ビールの最初の一口―とその他のささやかな楽しみ / フィリップ・ドレルム
ビールの最初の一口―とその他のささやかな楽しみ
  • 著者:フィリップ・ドレルム
  • 翻訳:高橋 啓
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(123ページ)
  • 発売日:1998-07-00
  • ISBN-10:4152081708
  • ISBN-13:978-4152081704
内容紹介:
「日曜の朝のケーキの箱」「エンドウの莢むきを手伝う」「歩道のクロワッサン」「古い列車に乗って」…日常生活のなかのシンプルな喜び、至福の瞬間を限りなく繊細な筆致で描く34篇。全仏ベストセラーのエッセイ集。

人生を満載した短編集

出来さえよければ、今だって私たちは長編小説を読み通すことができる。軽薄短小こそが現代、という言い方は、半面の真理しか語っていない。フランスに話を限ると、小説(ロマン)といえば四、五百枚以上のものをいう。だが、ここ数年、私が読んでみたところでは、ギベールにしろトゥーサンにせよ、現代フランス作家の作品には、ちょっと息が短くなったかな、という印象がたしかにあった(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1998年)。

それにしても、このドレルムの掌編小説が、百万部に迫るベストセラーだと聞けば、目を丸くせざるをえない。三十数編の小説が、それぞれたった二枚と少々だ。

「肝心なのはそれだけ。あとは杯を傾けるほどに刺激がなくなり、粘っこい生ぬるさと、白けた満腹しかやってこない。最後に残るのはたぶん、虚勢もこれで終わりという幻滅」――これが表題作「ビールの最初の一口」の書き出しである。この作家、清少納言とマルセル・プルーストの中間に位置すると言われているそうだが、なるほど「枕草子」の味わいもありながら、全体にプルーストのにおいがする。

「車のなかでニュースを知る」という一編にとりわけ心を打たれた。右側に危険物を積んだ大きなタンクローリーが走っている三車線の高速道路。そこを走行中、渋いシャンソン歌手だったジャック・ブレルの死をカーラジオで知る。この歌手が割れんばかりの拍手を浴びた思い出も、やがて消えるだろう。ブレル賛美の言葉の洪水も、いずれは消える。でも、急死のニュースを聞いたときの高速道路の光景は、何度でもよみがえるにちがいない。

人生は自分の映画を撮っているから、車のフロントグラスがスクリーンになり、カーラジオがカメラになることだってある。

長いことフランスは、超難解な言語理論を世界に向けて発信してきた。そのあげく、こういう“人生”を満載したナマでしゃれた作品が書かれ、あらためて世界に発信される。それがたぶん、この国の底力というものなのだろう。
ビールの最初の一口―とその他のささやかな楽しみ / フィリップ・ドレルム
ビールの最初の一口―とその他のささやかな楽しみ
  • 著者:フィリップ・ドレルム
  • 翻訳:高橋 啓
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:単行本(123ページ)
  • 発売日:1998-07-00
  • ISBN-10:4152081708
  • ISBN-13:978-4152081704
内容紹介:
「日曜の朝のケーキの箱」「エンドウの莢むきを手伝う」「歩道のクロワッサン」「古い列車に乗って」…日常生活のなかのシンプルな喜び、至福の瞬間を限りなく繊細な筆致で描く34篇。全仏ベストセラーのエッセイ集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

初出媒体など不明

初出媒体など不明 1998年9月27日

正しい情報をご存知でしたらお知らせください。

関連記事
出口 裕弘の書評/解説/選評
ページトップへ