書評

『奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍』(教育評論社)

  • 2019/05/04
奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍 / 奥本 大三郎
奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍
  • 著者:奥本 大三郎
  • 出版社:教育評論社
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-02-08
  • ISBN-10:4866240199
  • ISBN-13:978-4866240190
内容紹介:
“現代のファーブル”が語る虫と文学!!

ガサガサ、ツイーッチョ、リンリン、ブーン。
心地よい虫の音色が、通奏低音のように
本の中で穏やかに鳴り響いている。 ─── 阿川佐和子氏

作品に虫が登場する織田作之助、文士村・田端に住んだ芥川龍之介、書物をひたすら書き写した南方熊楠などの作家論のほか、遅読術や静物画、モモンガのことまで綴った最新随想集

小うるさく小難しいのを脇に置き 等身大の著者の姿を刻みつけた

タイトルにそえて小さく「奥本大三郎随想集」とある。随想とは懐かしい言葉だ。ちかごろは随筆、エッセイに席をゆずって、あまり使われないのではなかろうか。

ここでは、いかにも似合っている。想に随(したが)ってしるされた。想のまにまに生まれては消えた。だから1「作家論」、2「鶏肋集」とに二分され。――それにしても「鶏肋」とは、これまたとても懐かしい。意味の怪しい方は辞書を引いてください。「ケイロク」と訓(よ)みます。精肉店の店先で、買おうか買うまいか思案する状態とかさなります――。

奥本大三郎の随想がたのしいのは、どのエッセイにも等身大の著者の姿が刻みつけられているからである。そもそもタイトルの一篇にしても、誰が天下の織田作を、蛍にかこつけて語ったりするだろうか。それも夜店大好きだった青年作之助が、並んでいる露店を際限なくあげていくなかで、「橋のたもとの暗がりに出ている蛍売りの蛍火の瞬き」と出会ったのがきっかけだった。そんな一行に目をとめるのは、あとにも先にも奥本大三郎ひとりと思われる。

あるいはモダニスト牧野信一の華やかな文学意匠には目もくれず、かかわり合ったのはただ一つ、友人坂口安吾が「牧野さんが時々庭球選手のような颯爽たる服装でやってきて、おい昆虫採集に行こうと言う」の一文だった。当時、「庭球選手」のような格好で虫とりに行くのは、よほどのマニアであったと思われるが、それにこだわって文学を語ろうとするなど、奥本大三郎以外にいるとは思えない。

すっかりファーブルの先生として有名になってしまったが、もともと気鋭のフランス文学者としてランボーのレトリックなどを論じ、虫が顔を出す前は博学で知られていた。外国文学を論じても、難解な言葉、背のびした言葉、自分には感触のない言葉は一切使わなかった。おのずと外国文学などとは離れて、自分が幼いころからやしなってきたイキモノの世界に落ち着いたが、巧みなレトリックと博学の素地は、随想の味づけに生きてくる。文字どおりの自分を語って、「親父が製粉会社を経営していた」につづき、こんなふうに言う。「私は、水車屋の三男である。ただし、長靴を履いた猫は付いていなかった。自分でカラバ侯爵にでも何にでも成りすまし、世渡りをして行かなければならない」

随想には、ときおりおシャレがまじらないとつまらない。フランス語の教師になったのは、給料がもらえるからで、「その日のパン」の心配ばかりしていたのでは趣味の虫どころではないだろうと考えてのこと、カッコして自分で注釈をほどこしている。「こう見えても、一応、ちゃんと考えているのである」

芥川龍之介や南方熊楠や開高健の話があれば、アリやカネタタキの話もあり、ファーブル昆虫館の一日やらお金の話がある。雑多なようで、しかし一貫して読めるのは、人であれ、虫であれ、建物であれ、世相であれ、つねにそこに通底している生活ぶりが語られているからだ。しかつめらしい文学論議や、鬱陶しい社会論などは想のうちに入ってこない。小うるさい議論になりかかると、「それはさておき」のひとことで、あざやかに転論する。どこまでも等身大の著者がいて安心だ。
奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍 / 奥本 大三郎
奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍
  • 著者:奥本 大三郎
  • 出版社:教育評論社
  • 装丁:単行本(256ページ)
  • 発売日:2019-02-08
  • ISBN-10:4866240199
  • ISBN-13:978-4866240190
内容紹介:
“現代のファーブル”が語る虫と文学!!

ガサガサ、ツイーッチョ、リンリン、ブーン。
心地よい虫の音色が、通奏低音のように
本の中で穏やかに鳴り響いている。 ─── 阿川佐和子氏

作品に虫が登場する織田作之助、文士村・田端に住んだ芥川龍之介、書物をひたすら書き写した南方熊楠などの作家論のほか、遅読術や静物画、モモンガのことまで綴った最新随想集

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2019年4月14日増大号

関連記事
池内 紀の書評/解説/選評
ページトップへ