書評

『脳を鍛える―東大講義「人間の現在」』(新潮社)

  • 2017/07/04
脳を鍛える―東大講義「人間の現在」 / 立花 隆
脳を鍛える―東大講義「人間の現在」
  • 著者:立花 隆
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(526ページ)
  • 発売日:2004-08-00
  • ISBN-10:4101387257
  • ISBN-13:978-4101387253
内容紹介:
人間はどこからきて、どこに行こうとしているのか―。それを知るための本物の「知」は、いかに獲得するべきか。自分の脳を自分で作るとは、どういうことか。宇宙論、生命論などの最先端科学から留年のススメなどの大学生活の智恵まで、多岐にわたるテーマを縦横無尽に講義する。あなたの知的好奇心を奥底まで刺激してやまない一書。東大生たちも目からウロコ。迫真の全十二講。
大学がおかしい! 国民にひろがる危機感を背に、ジャーナリスト立花隆氏が、古巣の東大駒場に乗り込んだ。異色の講議「人間の現在」にもとづく書き下ろしである。

最近の教育事情は、信じられないことばかりだ。一般教養がばっさり、十八単位に半減された。七〇年代、九〇%以上が高校で学んだ物理が、今はわずか一〇%強。本も読まず、授業にもついていけない大学生は、昔の高校生並みである。教壇の立花氏も、ついつい説教口調になる。

講議のテーマは自然科学を柱にした、人間の知の発展史だ。脳研究から理論物理、ヴァレリー研究まで、これまでの著者の探索の成果を惜しみなく紹介する。受験勉強ばかりやってきた東大生には、かなりショックかもしれない。

文系の人間に、理系の知識がまるで足りない。文学や歴史も自然科学も、両方わからないと本物の知性ではない。授業をさぼってもいいから、本という本をめちゃめちゃ読みなさい。大賛成である。

という著者のサーヴィス精神あふれる本だが、この講議シリーズがよく売れるなら、それはそれで心配である。

まず、文系/理系にまたがるスケールの大きな講議が、それだけ珍しいということ。この講議には原典が何冊もあるが、それを読まずにこれ一冊ですませる横着者が多いためもあろう。難解な本を山と読み、友人と徹夜で議論する代わりに、この講議本でああそうかそうかと、わかったつもりになられても困る。

旧制一高の伝統も、エリートの気概も、駒場から消えて久しい。いまやただの学生にすぎない若者に、著者はけっこう昔ふうの教養を求める。専門に進む前に教養を押しつけても、抑圧としか感じないのではと心配になる。

立花氏は「純粋観客」、外野からの知の世界の全体像をながめる専門家を自認する。いっぽう学生たちは、これから細分化された専門に進み、その先端で知の全体像を求めて苦しむ当事者である。それならこの授業に出てお説教を聞く暇に、下宿で山ほど本でも読んでいるほうが正解かもしれない。

【この書評が収録されている書籍】
書評のおしごと―Book Reviews 1983‐2003 / 橋爪 大三郎
書評のおしごと―Book Reviews 1983‐2003
  • 著者:橋爪 大三郎
  • 出版社:海鳥社
  • 装丁:単行本(382ページ)
  • ISBN-10:4874155421
  • ISBN-13:978-4874155424
内容紹介:
1980年代、現代思想ブームの渦中に登場以来、国内外の動向・思潮を客観的に見据えた著作と発言で論壇をリードしてきた橋爪大三郎が、20年間にわたり執筆した書評を初めて集成。明快な思考で知られる著者による、書評の最良の教科書。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

脳を鍛える―東大講義「人間の現在」 / 立花 隆
脳を鍛える―東大講義「人間の現在」
  • 著者:立花 隆
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(526ページ)
  • 発売日:2004-08-00
  • ISBN-10:4101387257
  • ISBN-13:978-4101387253
内容紹介:
人間はどこからきて、どこに行こうとしているのか―。それを知るための本物の「知」は、いかに獲得するべきか。自分の脳を自分で作るとは、どういうことか。宇宙論、生命論などの最先端科学から留年のススメなどの大学生活の智恵まで、多岐にわたるテーマを縦横無尽に講義する。あなたの知的好奇心を奥底まで刺激してやまない一書。東大生たちも目からウロコ。迫真の全十二講。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2000年6月11日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
橋爪 大三郎の書評/解説/選評
ページトップへ