書評

『考えすぎた人: お笑い哲学者列伝』(新潮社)

  • 2020/04/13
考えすぎた人: お笑い哲学者列伝 / 清水 義範
考えすぎた人: お笑い哲学者列伝
  • 著者:清水 義範
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(329ページ)
  • 発売日:2015-11-28
  • ISBN-10:410128220X
  • ISBN-13:978-4101282206
内容紹介:
ソクラテス、プラトンからニーチェ、サルトルまで。哲学史に燦然と輝く十二の巨星を笑いのめし、叡智の扉へと誘うユーモア小説。

「入り口」へ誘う快調な文章擬態

神託をもとめ「ソクラテスより頭のいい人間はいますか」と訊ねるところを、「頭の強い人間」と言い損ねたあとの顛末(てんまつ)から、サルトルを被告とする恋愛裁判まで、12名の哲学者の滑稽譚。「プラトンの対話ヘン」といった駄洒落の章題に、講釈あり、インタビューあり、子どもとの対話、合コンの中継ありと、著者の文章擬態は快調だ。

意味はちんぷんかんぷんだけど人の心をぐいと鷲掴みにするような殺し文句が哲学書にはある。が、相手の顔色もおかまいなしに、論理を一貫させ、すべてを言い切らないと気がすまない、そんな哲学者のふるまいがとんちんかんを生む。言っていることは正しい(みたいだ)けどやっぱり違っているのでは……と、なかなかに痛いところを著者は突いてくる。

著者は「哲学入門」の門口まで読者を誘う「笑い話」集だと言うけれど(人はこれを「敬して遠ざける」ともいう)、哲学研究者こそ一読しておいたほうがいいかも。
考えすぎた人: お笑い哲学者列伝 / 清水 義範
考えすぎた人: お笑い哲学者列伝
  • 著者:清水 義範
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:文庫(329ページ)
  • 発売日:2015-11-28
  • ISBN-10:410128220X
  • ISBN-13:978-4101282206
内容紹介:
ソクラテス、プラトンからニーチェ、サルトルまで。哲学史に燦然と輝く十二の巨星を笑いのめし、叡智の扉へと誘うユーモア小説。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2013年08月11日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
鷲田 清一の書評/解説/選評
ページトップへ