書評

『シャガール: 愛と追放』(白水社)

  • 2018/12/28
シャガール: 愛と追放 / ジャッキー・ヴォルシュレガー
シャガール: 愛と追放
  • 著者:ジャッキー・ヴォルシュレガー
  • 翻訳:安達 まみ
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(450ページ)
  • 発売日:2013-08-22
  • ISBN:456008288X
内容紹介:
革命と戦争の20世紀を生き抜いた97年の激動の人生。新資料や豊富な図版を駆使し、画家の知られざる実像に迫る決定評伝。

「適応と抵抗」のはざまに生きた芸術家の足跡

おしまいから三つ目の章に、ピカソとシャガールが少年のように顔をくっつけ合った写真がある。一九五二年のもので、ともにそのあと三十年以上を生きた。ゴッホやモディリアニが三十代半ばの生涯だったのに対して、ピカソとシャガールは九十をこえる長寿にめぐまれた。

写真では仲がよさそうだが、実際は冷ややかなあいだ柄だったようだ。この二十世紀の偉大な芸術家両名は、まるきりちがう画歴をもっていた。ピカソが「青の時代」に始まり、はげしくスタイルを変化させたのに対して、シャガールは終始、最初のモティーフを保持しつづけた。わびしげな家並み、シナゴーグ(ユダヤ教会堂)の円屋根、屋根の上のヴァイオリン弾き、ひしと抱き合って空を飛ぶ恋人たち。目の青い大きなロバがじっと差しのぞいている……。

芸術家としては、あきらかにピカソ流が本来の生き方にちがいない。一つのスタイルに安住するとき、作品はマンネリ化して、自分で自作を模倣するだけになる。モティーフをきわめたと判断すれば、それをみずからかなぐり捨てて新しい表現に挑戦すべきなのだ。

シャガールの不思議は、画家の卵のころ絵にとり入れたイメージを六十年にわたってくり返しながら、ほとんどマンネリに陥らず、自作の模倣ともならなかったことである。そこでは手なれたモティーフが、未知の試みにあてられている。ピカソとはまるでちがった流儀で表現実験をくり返した。夢とも幻想ともつかない、甘美な追憶の風景とつかずはなれず、果敢な冒険家のシャガールがいた。

浩瀚(こうかん)な評伝である。二段組みで約四〇〇ページ、図版はカラーを含めて約二〇〇点。著者はイギリスの高級紙『フィナンシャル・タイムズ』の美術記者。学者の学究的論述をすすめながら、ジャーナリストの鋭敏な問題意識をつきつけてくる。構成からして目をみはらせる。九十七年の画家人生を二つに分けて、第一部は「ロシア」とあって、三十五歳までのシャガール。第二部の「追放」が以後の六十三年にわたっている。ロシアの辺境のユダヤ人集落に生まれ、世界大戦と人種的迫害のなかで身につけたもの。「創造の源泉はつねにロシアだった」

亡命芸術家のおおかたが「源泉」を離れると急速に枯渇していくなかで、シャガールは大いなる例外だった。初めてパリへ出たとき「シャガールは直感的にキュビズムを通過せねばならぬと分っていた」。キュビズムのピカソはよく知られているが、こまかく作品を見ていくと、たしかにキュビスト・シャガールがいる。ひっそりと主義・主張を通り抜けた。

シャガールは巧みに時代に同化し、イメージに変容させるのだ。必要なものを旺盛に呼吸しても、自分特有の表現は決して捨てない。「適応と抵抗のあいだの緊張関係」から生み出された革新的な絵画が、一つまた一つと跡づけてある。

読みながら、何度も表紙を見返したくなるだろう。つば広の黒い帽子をかぶり、大きな目をみひらいたシャガール。辺境から初めてロシアの首都へやってきた。才能だけが元手で、ほとんど無一文だった。緊張と不安の顔。右手の腕時計が唯一の財産で、餞別(せんべつ)がわりに手に入れたのではなかろうか。

ベルリン、パリ、ニューヨーク。六十余年の「追放」の間、くり返し同じシャガールがいたはずだが、しだいに「悪賢くしたたかな彼」に変貌していく。かたわらにはつねに庇護(ひご)してくれる女性がいなくてはならない。ときには多少とも意地悪く、一人の芸術家の意味深い変身譜が語られていく。
シャガール: 愛と追放 / ジャッキー・ヴォルシュレガー
シャガール: 愛と追放
  • 著者:ジャッキー・ヴォルシュレガー
  • 翻訳:安達 まみ
  • 出版社:白水社
  • 装丁:単行本(450ページ)
  • 発売日:2013-08-22
  • ISBN:456008288X
内容紹介:
革命と戦争の20世紀を生き抜いた97年の激動の人生。新資料や豊富な図版を駆使し、画家の知られざる実像に迫る決定評伝。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2013年10月06日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
池内 紀の書評/解説/選評
ページトップへ