書評

『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』(KADOKAWA/角川書店)

  • 2020/10/22
世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析 / 斎藤 環
世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析
  • 著者:斎藤 環
  • 出版社:KADOKAWA/角川書店
  • 装丁:文庫(320ページ)
  • 発売日:2015-07-25
  • ISBN-10:4041031648
  • ISBN-13:978-4041031643
内容紹介:
EXILE、金八先生、相田みつを、ジャニーズ、橋下徹、白洲次郎―。大衆受けする人物に共通する要素、それはヤンキー的であることだ。たとえば「気合」や「絆」を良しとしてしまう感性。「考えるより、感じろ」という感性的行動主義。「何をなしたか」より「どう生きたか」に惹かれる習性。日本人の心性に深く根付いた「ヤンキー的なるもの」の精神構造に、気鋭の精神科医にして評論家が肉薄する。第11回角川財団学芸賞受賞作。

悪趣味に潜むふるまいの原型

「なんちゅうても、まっ先に来てくれたのは金髪のにいちゃんらやった」。神戸の震災のときに地の人から聴いた言葉である。地べた座りや車の爆音に閉口していたはずなのに、このとき感じた妙な安堵感。それが何かが、17年後この本を読んで腑に落ちた。

天皇陛下即位の周年祭典やNHK紅白歌合戦などの国民的行事に、なぜヤンキー系の歌手が活躍するのか。お笑いからポップスまでテレビ界を席巻するのがヤンキー的な美意識であるのはなぜか。ひきこもりから現代美術やおたく文化まで、つねにたましいの〈曲折〉と〈逸脱〉の光景に寄り添ってきた精神科医が、ここでは、かくも国民に浸透しているヤンキー的なものへの欲望を診断する。

リーゼントをはじめとするぎんぎらぎんの身なり、ファンシーグッズや光り物溢れる改造ワゴン車……。目立ち、気合を入れ、突っ張り、なめられないことをめざしているうち、とんでもないキテレツへと変容してしまうそのバッドテイスト(悪趣味)と、ヤンキー独特の現実・地元・つながり志向とを仔細に追ってゆくうち、著者はこの国の「一般人」のふるまいの原型ともいえるものに突き当たる。

その眼に映るのは、脈絡を無視して人の「生きざま」(キャラ)にかぶれる心根であり、しるし(コピーやパロディ)がいつのまにか本質にすり替わり、シャレとマジの区別もつかなくなる空虚な様式性であり、母娘の関係性にも似たアメリカなるものの屈折した投影である。

その「空虚」をさえ暴かねばどんな形式にもなじむことができるという特性のなかで、若者の反社会性は、芽生えればすぐヤンキー文化に回収され、家族や仲間とのつながりを愛でる保守へと「成熟」してゆく。われわれは無自覚なままに「かくも巧妙な治安システム」を手にしていたのだ、というのが最後に記される苦い認識である。
世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析 / 斎藤 環
世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析
  • 著者:斎藤 環
  • 出版社:KADOKAWA/角川書店
  • 装丁:文庫(320ページ)
  • 発売日:2015-07-25
  • ISBN-10:4041031648
  • ISBN-13:978-4041031643
内容紹介:
EXILE、金八先生、相田みつを、ジャニーズ、橋下徹、白洲次郎―。大衆受けする人物に共通する要素、それはヤンキー的であることだ。たとえば「気合」や「絆」を良しとしてしまう感性。「考えるより、感じろ」という感性的行動主義。「何をなしたか」より「どう生きたか」に惹かれる習性。日本人の心性に深く根付いた「ヤンキー的なるもの」の精神構造に、気鋭の精神科医にして評論家が肉薄する。第11回角川財団学芸賞受賞作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2012年8月19日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
鷲田 清一の書評/解説/選評
ページトップへ