解説

『ヒトのオスは飼わないの?』(文藝春秋)

  • 2020/10/31
ヒトのオスは飼わないの? / 米原 万里
ヒトのオスは飼わないの?
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(376ページ)
  • 発売日:2005-06-10
  • ISBN-10:4167671034
  • ISBN-13:978-4167671037
内容紹介:
ネコ4+イヌ2+ヒト2=8頭この総数は流動的だが、いつもニギヤカな米原家の日常。ロシア語通訳の仕事先で恋に落ちたり、拾ったり。ヒトのオスにはチトきびしいが、ネコとイヌには惜しみなく愛情をふりそそぐ名エッセイストの波乱万丈、傑作ペット・エッセイ集。ネコ好きもイヌ好きも楽しめます。
どんなネコ嫌いイヌ嫌いでも、ここに描かれているイヌ二、ネコ四、ヒト二によって構成された聖家族の日々を読んだあとは、大のネコ好きイヌ好きになってしまうにちがいない。好きにならないまでも、たとえば雷が嫌いな柴系雑犬ゲンの運命には思わずほろりとするだろう。

ひんぱんにイヌ語やネコ語があらわれるのは、米原万里がしばしば、自分がイヌネコなのか、イヌネコが自分なのか、よくわからなくなってしまうからだ。脇役の獣医アラカワ先生の存在もおもしろく、これはイヌネコとヒトとの合作による大笑いの、そして涙ぐましい友情物語の傑作である。

【この解説が収録されている書籍】
井上ひさしの読書眼鏡 / 井上 ひさし
井上ひさしの読書眼鏡
  • 著者:井上 ひさし
  • 出版社:中央公論新社
  • 装丁:文庫(185ページ)
  • 発売日:2015-10-23
  • ISBN-10:4122061806
  • ISBN-13:978-4122061804
内容紹介:
面白くて、恐ろしい本の数々-。足かけ四年にわたり『読売新聞』読書面に連載された書評コラム「井上ひさしの読書眼鏡」三十四編。そして、藤沢周平、米原万里の本を論じる。著者の遺稿となった書評集。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ヒトのオスは飼わないの? / 米原 万里
ヒトのオスは飼わないの?
  • 著者:米原 万里
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(376ページ)
  • 発売日:2005-06-10
  • ISBN-10:4167671034
  • ISBN-13:978-4167671037
内容紹介:
ネコ4+イヌ2+ヒト2=8頭この総数は流動的だが、いつもニギヤカな米原家の日常。ロシア語通訳の仕事先で恋に落ちたり、拾ったり。ヒトのオスにはチトきびしいが、ネコとイヌには惜しみなく愛情をふりそそぐ名エッセイストの波乱万丈、傑作ペット・エッセイ集。ネコ好きもイヌ好きも楽しめます。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」図録

米原万里展「ロシア語通訳から作家へ」図録 2008年10月刊

関連記事
井上 ひさしの書評/解説/選評
ページトップへ