書評

『くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話』(タバブックス)

  • 2020/11/04
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話 / ヤマザキOKコンピュータ
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話
  • 著者:ヤマザキOKコンピュータ
  • 出版社:タバブックス
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(148ページ)
  • 発売日:2020-06-29
  • ISBN-10:4907053401
  • ISBN-13:978-4907053406
内容紹介:
通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書い… もっと読む
通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。
この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書いている。よりよく、より楽しく生きていくために、お金との付き合い方をいちから考え直した。目の前にはくそつまらない未来が浮かんで見えるけど、くそ笑える未来だって全く見えないわけじゃない。

投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。今自分がいる場所から見える社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための冒険の書

くそ笑える未来だって見えないわけじゃない

世の中には、金の話ばっかりしている人がいて、そういう人はもれなく話がつまらないのだが、あっちはあっちで、金の話をしたがらないこっちを、つまらなさそうに見てくる。こっちだって、金を稼いで、それで暮らしている。なんで、オマエと話さなきゃいけないのか。

パンクロッカーにして投資家によるこの本は、金の話ばっかりしてくるのに、とても話がおもしろい。「俺はやっぱりパンクが好きで、死ぬまで主体的に生きていきたい」と、人生を楽しむために投資に勤しむ。投資って、「うさんくさい青スーツでキモいクラッチバッグを小脇に抱えたFXなんとか投資家やブロガーみたいな人」のイメージがあるが、そうじゃない。愉快に生きるために投資するのだ。

社内の障がい者雇用率の高い会社に投資をする。「いつも『国がちゃんとしろ!』って思ってしまうような問題も、俺たちの仕事や活動を通して一個ずつひっくり返していけるのかもしれない」。Do it yourself=パンクの精神で投資先を選ぶ。

今、どこもかしこも同じような街作りになり、そこで同じような人が暮らす。そんな光景を作ったのは自分たちだ。「今俺たちの目の前にはうっすらとくそつまらない未来が浮かんで見えるけど、くそ笑える未来も全く見えないわけじゃない」。金は金だけでは語れないのに、金の話をする人はずっと金の話をしている。矢沢永吉のタオルは5000円くらいするのに、どうして次もまたそれを買うのか。こっちを考えたほうがいい。

株価をチェックしながら寿司屋で穴子を食べるスーツ姿の人がいた。この穴子を味わえないようじゃとても成功だと思えない、と言いそうになる。ド直球のツッコミと、意思のある投資。暮らしにパンクが染みている。
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話 / ヤマザキOKコンピュータ
くそつまらない未来を変えられるかもしれない投資の話
  • 著者:ヤマザキOKコンピュータ
  • 出版社:タバブックス
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(148ページ)
  • 発売日:2020-06-29
  • ISBN-10:4907053401
  • ISBN-13:978-4907053406
内容紹介:
通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書い… もっと読む
通いやすい銀行にお金を預けて、手に入りやすい物ばかりを買って、そんな暮らしを続けた結果くそつまらない街が延々と広がってしまった。悔しいけど、この街を作ったのは俺たち自身だ。
この本は、バンドマンであり個人投資家でもある自分の視点から見えた等身大の社会と経済、お金に関することを書いている。よりよく、より楽しく生きていくために、お金との付き合い方をいちから考え直した。目の前にはくそつまらない未来が浮かんで見えるけど、くそ笑える未来だって全く見えないわけじゃない。

投資家であり、パンクスでもある筆者の視点で見る投資や経済、社会とお金。今自分がいる場所から見える社会問題や将来の不安と戦いながら楽しく生きていくための冒険の書

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2020年9月6日増大号

関連記事
武田 砂鉄の書評/解説/選評
ページトップへ