書評

『vN』(早川書房)

  • 2017/07/16
vN  / マデリン・アシュビー
vN
  • 著者:マデリン・アシュビー
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:新書(382ページ)
  • 発売日:2014-12-19
  • ISBN-10:4153350184
  • ISBN-13:978-4153350182
内容紹介:
五歳のフォン・ノイマン型ロボット、エイミーには、人間に危害を与えない「原則」が欠けていた……。急激に大人になり、追われる身になったエイミーの大冒険。サイバーパンク新世代の旗手登場!

越境するロボット

先週は、星新一「ボッコちゃん」に始まって、日本が誇るロボットSFの名作をいくつか紹介しましたが、もちろん海外でも、アイザック・アシモフ『われはロボット』の昔から(いや、そもそもロボットという言葉の語源になったカレル・チャペックの戯曲『R.U.R.』の時代から)、ロボットSFはたくさん書かれている。というか、僕自身、SF翻訳者として、ロボットものはけっこうたくさん翻訳してきた。フィリップ・K・ディックの古典的名作短編「にせもの」から、バリントン・J・ベイリーの『ロボットの魂』『光のロボット』2部作、ルーディ・ラッカーの『フリーウェア』、さらにはテッド・チャンの中編「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」まで。占有率から言えば、“ロボット翻訳者”を名乗ってもいいんじゃないかと思うくらいですが、その大森が翻訳したいちばん新しいロボットSFが、昨年末、《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》から出たマデリン・アシュビーのデビュー長編『vN』(原書2012年刊行)。

ロボット  / カレル・チャペック
ロボット
  • 著者:カレル・チャペック
  • 翻訳:千野 栄一
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(207ページ)
  • 発売日:2003-03-14
  • ISBN-10:4003277422
  • ISBN-13:978-4003277423
内容紹介:
ロボットという言葉はこの戯曲で生まれて世界中に広まった。舞台は人造人間の製造販売を一手にまかなっている工場。人間の労働を肩代わりしていたロボットたちが団結して反乱を起こし、人類抹殺を開始する。機械文明の発達がはたして人間に幸福をもたらすか否かを問うチャペック(1890‐1938)の予言的作品。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ロボットの魂  / バリントン・J. ベイリー
ロボットの魂
  • 著者:バリントン・J. ベイリー
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:東京創元社
  • 装丁:文庫(383ページ)
  • 発売日:1993-09-01
  • ISBN-10:4488697046
  • ISBN-13:978-4488697044
内容紹介:
老ロボット師夫妻の手によって、一体のロボットが地上に生をうけた。盗賊団と戦い、地方王国の王位を狙い、波乱に満ちた放浪の旅をつづけるが、彼は世にあふれる数多のロボットと違って、ひとつの悩みを抱えていた。はたして、ロボットである自分に"意識"は存在しているのだろうか?これは単なるプログラムにすぎないのでは…?鬼才を代表する、前代未聞のロボットSF。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

光のロボット  / バリントン・J. ベイリー
光のロボット
  • 著者:バリントン・J. ベイリー
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:東京創元社
  • 装丁:文庫(325ページ)
  • 発売日:1993-11-00
  • ISBN-10:4488697054
  • ISBN-13:978-4488697051
内容紹介:
人間の支配の手をのがれ、今日もひとり探究の旅を続けるロボット・ジャスペロダス。その彼の元を一体のロボットが訪れた。世界最高の知性を持つロボット・ガーガンが、ロボットのための究極の計画を推進している。貴君もこれに参加せよ。ジャスペロダスと同様に意識の問題にゆきついたガーガンの、"超越的光"を獲得せんとする一大計画とは。『ロボットの魂』に続く野心作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。


時は、vNと呼ばれる自己複製能力を持つヒト型ロボットが一般化した未来。ヒロインのエイミーは5歳のvN。食事制限によって成長速度を抑え、人間の子どもと一緒に保育園に通っていたが、晴れの卒園式に、とつぜん祖母(母の母にあたるvN)が襲来。エイミーは惨劇の当事者となる。愛する両親の庇護(ひご)を離れ、ひとりで生きていくことになったアンドロイド少女の運命やいかに?

著者は1983年、カリフォルニア州パノラマ・シティ生まれの女性作家。「攻殻機動隊」や「新世紀エヴァンゲリオン」を俎上(そじょう)に載せて修士論文を書いたほどの日本アニメ通とあって、この『vN』にも、押井守監督の劇場アニメ「イノセンス」にインスパイアされたとおぼしきアクション・シーンをはじめとして、数々のANIMEネタがちりばめられている。日本のロボットアニメで育った米国人女性の手になるロボットSFが日本に逆輸入されたわけですね。けだし、ロボットは国境を越える。
vN  / マデリン・アシュビー
vN
  • 著者:マデリン・アシュビー
  • 翻訳:大森 望
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:新書(382ページ)
  • 発売日:2014-12-19
  • ISBN-10:4153350184
  • ISBN-13:978-4153350182
内容紹介:
五歳のフォン・ノイマン型ロボット、エイミーには、人間に危害を与えない「原則」が欠けていた……。急激に大人になり、追われる身になったエイミーの大冒険。サイバーパンク新世代の旗手登場!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

西日本新聞

西日本新聞 2015年7月6日

西日本新聞は、九州No.1の発行部数を誇るブロック紙です。
九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。

関連記事
大森 望の書評/解説/選評
ページトップへ