高橋源一郎

高橋源一郎GENICHIRO TAKAHASHI

1951年、広島県尾道生れ。1981年、小説『さようなら、ギャングたち』でデビュー。1988年、『優雅で感傷的な日本野球』で第一回三島由紀夫賞、2001年、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、2012年、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞。2011年から朝日新聞論壇時評担当、それをもとに、『ぼくらの民主主義なんだぜ』、『丘の上のバカ』を刊行。2012年からNHKラジオ第1「すっぴん!」金曜日・パーソナリティ。現在、明治学院大学国際学部教授。
〈プロフィール写真撮影:TONY TANIUCHI〉


高橋源一郎の書評/解説/選評
ページトップへ