書評

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (早川書房)

  • 2017/10/06
夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫) / カズオ イシグロ
夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(320ページ)
  • 発売日:2011-02-04
  • ISBN:4151200630

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

人を隔てる「壁」、滑稽さで描く

若い頃ミュージシャンを目指したという作者初の短編集だ。

各編には色々な「音楽家」が登場する。往年の大物歌手、無名のバックプレーヤー、夢を諦(あきら)めてスターと結婚した女……。そこに、夫婦、病院の患者同士、師弟など、こじれたりねじれたり、一風変わった男女関係が絡む。元共産圏のギタリストは、ベネチアで舟に乗って妻にセレナーデを捧(ささ)げるという米国男に伴奏を頼まれ、定職のないジャズ好きは、裕福な友人夫婦の仲直りのため夫の引き立て役にされ、サックス奏者は売れるためにハリウッドで整形手術をする。短絡的と言えば言えるだろう。必死さゆえの人間の滑稽(こっけい)さを、作者はドラマチックな起伏を作らず素っ気なく描く。よく出来たオチもない。むしろ長編の呼吸や余韻に近く、一編ごとに深い充足感が得られる。

しかし主題は男女間の危機や顛末(てんまつ)にあるのではない。ある意味、これは才能と才能がもたらす「壁」をめぐる物語集だ。才能があって成功した者しない者、なくても成功した者、才能の芽を守るだけで一音も弾こうとしない者、成功しても忘れられた者……。才能なる残酷なものは、様々な形で人と人を隔てる。本書には「アマデウスとサリエリ」の永遠のテーマがあり、真贋(しんがん)と成否の皮肉な関係が作用し、その奥で静かに描きだされるのは、動かしがたい世界観の異なりと意思の不通である。

作中には、「(境遇の違う)あなた(私)にはわからない」といった台詞(せりふ)がしばしば見られ、人々のすれ違いや戸惑いの理由が、文化圏、政治体制、生活階層などの違いにひとまず解(わか)りやすく置き換えられている。だが、人と人の間の溝がもっと深い処(ところ)に発しているのを、読者は察するだろう。

訳者によれば、いま各国からインタビューが殺到している作者は、自作がどう翻訳されるかが気になり、他言語で通じにくい書き方は避けるようになったと言う。異文化での意思不通、翻訳不能への恐れから創作に制約が生じないよう祈る。小説言語がもつべきは、共通性ではなく普遍性なのだから。

【この書評が収録されている書籍】
本の寄り道 / 鴻巣 友季子
本の寄り道
  • 著者:鴻巣 友季子
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(309ページ)
  • 発売日:2011-10-08
  • ISBN:4309020674

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫) / カズオ イシグロ
夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)
  • 著者:カズオ イシグロ
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(320ページ)
  • 発売日:2011-02-04
  • ISBN:4151200630

※書店によっては、在庫の無い場合や取り扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2009年07月26日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連書評/解説/選評
鴻巣友季子の書評/解説/選評
ページトップへ