書評

『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(新潮社)

  • 2017/07/19
わたしたちに許された特別な時間の終わり / 岡田 利規
わたしたちに許された特別な時間の終わり
  • 著者:岡田 利規
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(151ページ)
  • 発売日:2007-02-24
  • ISBN-10:4103040513
  • ISBN-13:978-4103040514
内容紹介:
「あ始まったんだねやっぱり戦争」----イラク空爆のさなか、渋谷のラブホで4泊5日。

岸田戯曲賞受賞、「チェルフィッチュ」で演劇界に衝撃を与えた新鋭が、小説の世界に切り拓いた新しい地平。各紙誌絶賛!

第二回大江健三郎賞受賞作。
トヨザキ的評価軸:
「金の斧(親を質に入れても買って読め)」
「銀の斧(図書館で借りられたら読めば―)」
「鉄の斧(ブックオフで100円で売っていても読むべからず)」

凄まじくリアル、かつ独特のセンス。この才能、見守ります

今、わたしが期待している新人作家の一人が岡田利規です(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2007年)。チェルフィッチュを主宰し、『三月の5日間』で第四十九回岸田國士戯曲賞を受賞。わたしも舞台を観ましたが、役者に自己批評的な台詞を喋らせたり、奇妙にデフォルメされた動きを強いたりする個性的な作劇法に接し、「ただものじゃねえな」と感銘を受けた次第です。で、初の小説集を読んで、感銘はさらに倍。パフォーマンス会場で知り合った男女が、イラク戦争が勃発した日から五日間、渋谷のラブホテルでセックスしまくるという岸田戯曲賞受賞作を小説化した作品よりも、三十歳のフリーター夫婦の生き地獄を描いた「わたしの場所の複数」がいいっ。

わたしにはさしあたって夫しかいないのだけれど、(中略)わたしの被害者になってくれる人間が、わたしには絶対に必要不可欠なので、夫をとにかくわたしの今いるこのぐだぐだした状態のところ、そのできるだけそば、なるべくならば完全に同じところまで、引きずり下ろして、そこにいさせて、そこでわたしの抱えている、おもに負の性質を帯びたものでできているいくつもの、氷砂糖のようなごろごろしたかたまり、頭の中や体にも詰まっている、その先に何の使い道もない廃棄物のようなそれを、ほんとうに明け渡せるものなのかどうかは定かではないけれど、とにかくひとつでも多く、明け渡せるだけ明け渡してしまいたいからなのだ。

バイトをずる休みして、湿っぽい布団の中でごろごろしながら、コールセンターのオペレーターとして客からの苦情に対処している女性のブログ日記を読み耽ったり、バイトをかけもちし、次のバイトが始まるまでの数時間をハンバーガー店で仮眠をとってやり過ごしている夫の動向を想像したりしている〈わたし〉の、倦怠と悪意と諦念に充ちた独白が綴られたこの小説が読み手にもたらす恐怖と嫌悪感は、尋常ならざるレベルに達しているという他ありません。

夫をなじり、蹴飛ばしているさなかに〈異様な、汚物が汚物になる前の、腸の中での匂い?ほとんどそんなような、饐えた感じのところにある匂いを、体内から分泌させ〉、その匂いを夫にブログで〈まったくあのときはびっくりした、こいつスカンクかよ、と思った〉と書かれてしまう女。とどまるも地獄、行くも地獄。プレカリアートと呼ばれる層のどん詰まりを描いて凄まじくリアルというだけでなく、視点の移動に独特のセンスを見せ、小説家としての高い将来性を感じさせる一篇になっているのです。この才能、ずっと見守らせていただきます。

【この書評が収録されている書籍】
正直書評。 / 豊崎 由美
正直書評。
  • 著者:豊崎 由美
  • 出版社:学習研究社
  • 装丁:単行本(228ページ)
  • 発売日:2008-10-00
  • ISBN-10:4054038727
  • ISBN-13:978-4054038721
内容紹介:
親を質に入れても買って読め!図書館で借りられたら読めばー?ブックオフで100円で売っていても読むべからず?!ベストセラーや名作、人気作家の話題作に、金、銀、鉄、3本の斧が振り下ろされる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

わたしたちに許された特別な時間の終わり / 岡田 利規
わたしたちに許された特別な時間の終わり
  • 著者:岡田 利規
  • 出版社:新潮社
  • 装丁:単行本(151ページ)
  • 発売日:2007-02-24
  • ISBN-10:4103040513
  • ISBN-13:978-4103040514
内容紹介:
「あ始まったんだねやっぱり戦争」----イラク空爆のさなか、渋谷のラブホで4泊5日。

岸田戯曲賞受賞、「チェルフィッチュ」で演劇界に衝撃を与えた新鋭が、小説の世界に切り拓いた新しい地平。各紙誌絶賛!

第二回大江健三郎賞受賞作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

TV Bros.

TV Bros. 2007年7月7日

多彩な連載陣のコラムが人気のポップカルチャーTV情報誌。豊﨑由美氏の書評コーナー「帝王切開金の斧」が好評連載中。

関連記事
豊崎 由美の書評/解説/選評
ページトップへ