書評

『ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉』(筑摩書房)

  • 2017/11/22
ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉  / フランソワ・ラブレー
ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉
  • 著者:フランソワ・ラブレー
  • 翻訳:宮下 志朗
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(508ページ)
  • 発売日:2005-01-01
  • ISBN-10:448042055X
  • ISBN-13:978-4480420558
内容紹介:
フランス・ルネサンス文学を代表する作家フランソワ・ラブレーの傑作大長編、待望の新訳版。この巻では、巨人王ガルガンチュアの誕生・成長と冒険の数々、さらに戦争とその顛末が、笑いと風刺を織り込んだ密度の高い文体によって描き出されてゆく。現代的センスあふれる清新な訳文から、不朽の物語の爆発的な面白さと輝かしい感動が楽しく伝わってくる。

「読み進ませる力」みなぎる新訳

蛮勇とは、この訳者のためにこそふさわしい言葉だろう。なにしろ、日本におけるフランス文学の大先達、かの渡辺一夫の名訳中の名訳、フランソワ・ラブレー『ガルガンチュアとパンタグリュエル』の新訳に挑んだのだから。そのプレッシャーたるや、恐ろしいものがあったはずだ。にもかかわらず、訳者はあえて新訳を世に問うた。なぜか?

訳者は「解説」でこう述懐している。「古典にはいくつも訳があっていい、ダンテを見よ、シェイクスピアを見よと、口でいうのは簡単だ。しかし、渡辺一夫訳には、そうしたものいいを許さないほどの威厳が備わっている。この歴史的な名訳を、尊崇の念で仰ぎつつも、なるべく明快な訳文を実現すること――このことを念頭に、原文にアタックした」。訳者の意図は最後の文章にさりげないかたちで表現されている。そう「明快な訳文」、これである。

思うに渡辺一夫訳は、高次元のレベルでは漢詩・漢文、低いレベルなら義太夫、浪曲、落語などが日本人共通の言語記憶であった時代の名訳である。たとえば冒頭に置かれたラブレーの「作者の序詞」はこう訳されている。「世にも名高い酔漢(さけのみ)の諸君、またいとも貴き梅瘡(かさ)病みのおのおの方よ、――かくのごとく呼び申上げるしだいは、私の書物(かきもの)が捧げられるのは正に諸君にであって、よそのお方たちにではないからだ」

対するに、テレビと漫画とネットしかリファレンスのない現代の「明快な訳」とは? 宮下訳は以下の通り。「世にも名高いよっぱらいのみなさま、そして、ほら、そこのあなた、なんとも貴重な梅毒病みのみなさま、――だって、わたしの書物が捧げられるのは、まさにあなたがたなのですよ」

渡辺訳ではとたんにつかえてしまう若い読者も、この訳文ならなんとかページをめくろうと思うだろう。この調子で、渡辺訳のかの有名なガルガンチュア作の便器の歌「雲谷(うんこく)斎よ、/びり之助よ/ぶう兵衛よ、/糞まみ郎よ、/そなたのうんこが、/ぼたぼたと/わしらの上に/まかれるわい。/臭太郎よ、/糞次郎よ、/たれ三郎よ、/聖アントワヌ熱で焼かれてしまえ!/もし仮に/みんなの穴が、/閉まっていれば、/尻は拭かずに退却じゃて!」は、次のように訳しかえされる。

「うんち之助に、/びちぐそくん、/ぶう太郎に、/糞野まみれちゃん、/きみたちのきたないうんこが、/ぼたぼたと、/ぼくらの上に、/落ちてくる。/ばっちくて、/うんちだらけの、/おもらし野郎、/あんたの穴がなにもかも/ぱかんとお口を開けたのに、/ふかずに退散するなんて、/聖アントニウス熱で焼けちまえ!」

なんだか「ひらけ!ポンキッキ」でオン・エアーしたら子供たちに馬鹿受けしそうな訳文だが、これは五歳のガルガンチュアが父親のグラングジエに披露したスカトロジー・ソングという設定なのだから、決して悪くはないのである。

このように、渡辺訳に親しんだ読者には少し拍子抜けするかもしれない訳文だが、渡辺訳にはなかったものがこの新訳にはある。それは、先へと進ませる力。私がひそかに「散文パワー」と命名している力である。おそらく、宮下訳はブレス(息継ぎ)がうまいのだろう。ゆえに、渡辺訳ではパンタグリュエルの巻まで進めなかったという経験を持つ読者もこの新訳なら完読も不可能ではない。

訳注に見るラブレー学の最新成果も興味深い。(宮下志朗訳)

【この書評が収録されている書籍】
鹿島茂の書評大全 洋物篇 / 鹿島 茂
鹿島茂の書評大全 洋物篇
  • 著者:鹿島 茂
  • 出版社:毎日新聞社
  • 装丁:単行本(313ページ)
  • 発売日:2007-09-01
  • ISBN-10:4620318280
  • ISBN-13:978-4620318288
内容紹介:
100の書評でめくるめく世界の旅へ誘う愛書狂による最強のブックガイド。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉  / フランソワ・ラブレー
ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉
  • 著者:フランソワ・ラブレー
  • 翻訳:宮下 志朗
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(508ページ)
  • 発売日:2005-01-01
  • ISBN-10:448042055X
  • ISBN-13:978-4480420558
内容紹介:
フランス・ルネサンス文学を代表する作家フランソワ・ラブレーの傑作大長編、待望の新訳版。この巻では、巨人王ガルガンチュアの誕生・成長と冒険の数々、さらに戦争とその顛末が、笑いと風刺を織り込んだ密度の高い文体によって描き出されてゆく。現代的センスあふれる清新な訳文から、不朽の物語の爆発的な面白さと輝かしい感動が楽しく伝わってくる。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

毎日新聞

毎日新聞 2005年2月6日

毎日新聞のニュース・情報サイト。事件や話題、経済や政治のニュース、スポーツや芸能、映画などのエンターテインメントの最新ニュースを掲載しています。

関連記事
鹿島 茂の書評/解説/選評
ページトップへ