書評

『ローランド・カーク伝』(河出書房新社)

  • 2017/11/10
ローランド・カーク伝 / ジョン・クルース
ローランド・カーク伝
  • 著者:ジョン・クルース
  • 翻訳:林 建紀
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(306ページ)
  • 発売日:2005-02-16
  • ISBN:4309268250
内容紹介:
嵐のような生涯をおくった盲目の黒人天才ジャズ・ミュージシャン初にして唯一の伝記。

心温まる音色奏でるサックス奏者

77年に41歳で他界した盲目のサックス奏者、ラサーン・ローランド・カークは、3本の管楽器を同時に口にくわえ(フルートは鼻に)、無数の楽器をぶら下げ、息継ぎなしに何分も吹き続け、時にサイレンやオルゴールも鳴らすという奇抜な奏法で、きまじめなジャズファンからはゲテモノ扱いされてきた。

たしかに外見からは、超絶技巧の大道芸人というのがせいぜいの高評価になっても仕方がない。けれども私のこよなく愛する『リターン・オブ・ザ・5000ポンド・マン』を聴いて欲しい。女優が語る詩にハモニカで伴奏する曲など、これほど心温まる音色を奏でる音楽家はいまい。

本書は3年間のインタビューを経て綴(つづ)った伝記の決定版。尺八を吹くカークを小鳥が取り巻いたというエピソードが美しい。教会音楽やブルースに始まるアメリカ黒人音楽の正当な体現者であったことが、多くの証言で明らかにされる。
ローランド・カーク伝 / ジョン・クルース
ローランド・カーク伝
  • 著者:ジョン・クルース
  • 翻訳:林 建紀
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(306ページ)
  • 発売日:2005-02-16
  • ISBN:4309268250
内容紹介:
嵐のような生涯をおくった盲目の黒人天才ジャズ・ミュージシャン初にして唯一の伝記。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2005年5月22日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
松原 隆一郎の書評/解説/選評
ページトップへ