書評

『パンの歴史』(河出書房新社)

  • 2019/05/16
パンの歴史 / スティーヴン・カプラン
パンの歴史
  • 著者:スティーヴン・カプラン
  • 翻訳:吉田 春美
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(509ページ)
  • 発売日:2000-11-11
  • ISBN:4309224202
内容紹介:
歴史上、世界でいちばんおいしいパンは、18世紀のフランスで作られていた。パンの質は、その後、目に見えて落ちてしまう。今やフランスパンは、世界で「最もまずいパン」に成り下がってしまった。1960年代に入っていよいよパン職人が立ち上がる。「フランスパンは、我々の文化だ!」本書は、「おいしい… もっと読む
歴史上、世界でいちばんおいしいパンは、18世紀のフランスで作られていた。パンの質は、その後、目に見えて落ちてしまう。今やフランスパンは、世界で「最もまずいパン」に成り下がってしまった。1960年代に入っていよいよパン職人が立ち上がる。「フランスパンは、我々の文化だ!」本書は、「おいしいパン」とは何かをパン産業、農業、経済、政治、庶民の味の嗜好など、多角的に紹介、解説している。エリック カイザー、ドミニク セブロン、フランシス オルデル…現代のパン職人の名匠のエピソード満載。もちろん、パンの味を評価する方法も教えます。読めばフランスパンのおいしさが増すこと請け合い。

広く「現代」を考えさせる

パンといってもこの本の場合、主としてあの細長いフランスパン、バゲットを指している。うまいパンとは何か。皮がぱりぱりして、ナイフの切れ目が美しく、本体はクリーム色、歯ごたえは適度のねばりを伴い、全面、不揃いな気泡が出ている。そして、鼻と口いっぱいに広がるハシバミのような芳香。

フランス料理にはいっこうに通じていない評者にも、これはわかる。ささやかなレストランで、上出来のバゲットがざくざく切って出され、一口試みたときの幸福感はたとえようもない。

著者はアメリカ人、米仏の大学や高等専門学校で歴史学の教授をつとめている。若いころパリに来て、フランスパンの魅力に取りつかれた。だが歴史家だから美味に酔ってばかりはいない。この主題ですでに二冊本を出した。

一九六〇年代、七〇年代、フランスのパンは史上類を見ないほど品質を落としたと著者はいう。昔の、たとえば十八世紀の、過酷な労働の成果としての「古き良きパン」と、巨大スーパーが最先端技術を駆使して送り出す「現代のパン」。この対立は食品業界全体の問題だろう。手づくりと大量生産、職人の超人的忍耐とオートマチズム。誇り高き個人商店と威圧的な大手業界。誰の目にも見えるこの構図を、「古き良きパン」に身を寄せすぎて眺めると、グローバリゼーションへの不信感ばかりが澱(おり)のように残る。

カプラン教授は奥方といっしょに六百軒ものパン屋をめぐり歩いて試食したという。偏った結論を出す人ではない。パン職人の家に生まれながら、上質のパンを大量に世界へ送り出す多角経営の企業主になったフランシス・オルデルを、著者は優秀なパンの作り手として認めている。職人気質を深く愛惜しながら、最新技術による大量生産でもいいパンが作れる、それが現代だ、とカプランは言っているわけだろう。

五百ページの大冊である。フランスのパンの浮沈は、かつて国家の浮沈につながった。この辺の消息を語った数十ページこそはまさに歴史家のペンに成るものだ。広く「現代」を考えさせる名著だといっていい。
パンの歴史 / スティーヴン・カプラン
パンの歴史
  • 著者:スティーヴン・カプラン
  • 翻訳:吉田 春美
  • 出版社:河出書房新社
  • 装丁:単行本(509ページ)
  • 発売日:2000-11-11
  • ISBN:4309224202
内容紹介:
歴史上、世界でいちばんおいしいパンは、18世紀のフランスで作られていた。パンの質は、その後、目に見えて落ちてしまう。今やフランスパンは、世界で「最もまずいパン」に成り下がってしまった。1960年代に入っていよいよパン職人が立ち上がる。「フランスパンは、我々の文化だ!」本書は、「おいしい… もっと読む
歴史上、世界でいちばんおいしいパンは、18世紀のフランスで作られていた。パンの質は、その後、目に見えて落ちてしまう。今やフランスパンは、世界で「最もまずいパン」に成り下がってしまった。1960年代に入っていよいよパン職人が立ち上がる。「フランスパンは、我々の文化だ!」本書は、「おいしいパン」とは何かをパン産業、農業、経済、政治、庶民の味の嗜好など、多角的に紹介、解説している。エリック カイザー、ドミニク セブロン、フランシス オルデル…現代のパン職人の名匠のエピソード満載。もちろん、パンの味を評価する方法も教えます。読めばフランスパンのおいしさが増すこと請け合い。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 掲載日不明(情報募集中)

関連記事
出口 裕弘の書評/解説/選評
ページトップへ