書評

『完全版 山口百恵は菩薩である』(講談社)

  • 2019/05/20
完全版 山口百恵は菩薩である / 平岡 正明
完全版 山口百恵は菩薩である
  • 著者:平岡 正明
  • 編集:四方田 犬彦
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(434ページ)
  • 発売日:2015-06-10
  • ISBN-10:4062193620
  • ISBN-13:978-4062193627
内容紹介:
究極の百恵伝説を描き上げ、歌謡曲評論を思想にまで高めた歴史的名著、完全版となって、いま甦える!

ひたすら歌を聴いた情熱が書かせた言葉

この本が初めて世に出たのが1979年。山口百恵が引退したのは80年のことだった。平岡は引退の直前に、この革命的な本を著したことになる。

文庫化されたときも増補された部分があった。そののち、平岡は幾つか山口百恵について書いていて、それらの文章を集め、「完全版」が出来上がった。平岡は2009年に亡くなっていて、編集したのは、平岡の思想に通暁した四方田犬彦。余談に類するが、最近の四方田の仕事ぶりは凄まじい。

新しく読んでみて、何が凄(すご)いって、平岡正明の即興的文章のドライブ感である。西田佐知子とパティ・キムとジャンゴ・ラインハルトについて語った後、西田たちの引退を嘆き、その直後、「しかし山口百恵は歌っている」と続く。その歌には「オリジナリティーしかない」と断言し、音楽の伝統とも、巨大な音楽家の影とも無縁に、百恵は歌っている、と続く。美空ひばりの影も、古賀メロディーもない地点で山口百恵は歌っていた。平岡正明はその歌をずっと聴き続けている。映画も観なければ、テレビドラマもみない。ひたすら、歌のみ。そして76年、「横須賀ストーリー」に出会うのだ。

以後、平岡は山口百恵の凄さに打たれ、膨大な言葉を費やす。この完全版は400ページを超える。ひたすら歌手の隣で歌を聴き続けるだけの批評。歌謡曲批評の金字塔はこうして生まれた。

定価4000円は、やはりちょっと高いかも。しかし文庫版でさえ入手困難だったことを考えれば、出費は惜しくない。

36年という時間を経ても、この本には読む者を揺さぶる情熱が脈打っている。平岡正明は山口百恵を「菩薩」として聴き続け、彼女を伝説化した。平岡のこの本もまた、音楽批評の歴史の中に伝説として燦然(さんぜん)と輝く光を放っているのだ(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2015年7月)。
完全版 山口百恵は菩薩である / 平岡 正明
完全版 山口百恵は菩薩である
  • 著者:平岡 正明
  • 編集:四方田 犬彦
  • 出版社:講談社
  • 装丁:単行本(434ページ)
  • 発売日:2015-06-10
  • ISBN-10:4062193620
  • ISBN-13:978-4062193627
内容紹介:
究極の百恵伝説を描き上げ、歌謡曲評論を思想にまで高めた歴史的名著、完全版となって、いま甦える!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2015年8月2日号

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ