書評

『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』(スタンド・ブックス)

  • 2019/12/29
深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと / スズキ ナオ
深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと
  • 著者:スズキ ナオ
  • 出版社:スタンド・ブックス
  • 装丁:単行本(324ページ)
  • 発売日:2019-11-01
  • ISBN-10:4909048065
  • ISBN-13:978-4909048066
内容紹介:
人、酒、店、旅……、現代日本に浮かび上がる疑問を調査し、記録する、ザ・ベスト・オブ・スズキナオ!

宇宙に行かなくたって十分面白く生きられる

大金持ちが、タワーマンションの最上階に住んでいることを自慢げに語ったり、「宇宙に行きたい!」と言い始めたりするのを見て、「この人たち、毎日つまらなそうだな」と感じてしまう。

今日はイマイチ面白くなかったけど、明日は面白くなるかもしれない。そんな可能性にかけて毎日をこなすためには、あそこまで大胆である必要はない。彼らはいつも無理をしている。

一方、この著者はちっとも無理をしない。だから、信用できる。大阪と東京を片道2000円台で結ぶ深夜バスに乗りながら、あれこれ考える。バスの隣席で男性が「パピコ」を食べ始めた。右手で1本目を食べ、左手で2本目を持っている。もしかしたら「1本いります?」と言われるのでは、と身構える。

生きるってこういうことだ。廃車になったバスの中でラーメン店を開いていると聞けば和歌山まで食べに行く。揉め事の原因になりがちな飲み会の「割り勘」を「唐揚げ何個食べた?」レベルまでやってみたらどうなるか。用のない駅で降りて歩いてみたら発見はあるのか。「としまえん」の入園料が払えない時にどう過ごせばいいのか……。

このご時世、誰からも期待されていないことをやり続けるのって、なかなか難しい。どんな情報でも行動でも「なるほど!」と頷く人がいる。ここに収められている29編には、そういう頷きが想定されていない。

特にやらなくてもいいことばかりやっている。野外に椅子を置き、座ってお酒を飲む「チェアリング」を提唱、「それまで何でもないように思っていた場所が、自分だけの特別なものに感じられる」そうだ。ありきたりな視点を外し、新たに視点を得る。それだけで、宇宙に行くより面白くなる。宇宙、行ったことないから知らないけど。
深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと / スズキ ナオ
深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと
  • 著者:スズキ ナオ
  • 出版社:スタンド・ブックス
  • 装丁:単行本(324ページ)
  • 発売日:2019-11-01
  • ISBN-10:4909048065
  • ISBN-13:978-4909048066
内容紹介:
人、酒、店、旅……、現代日本に浮かび上がる疑問を調査し、記録する、ザ・ベスト・オブ・スズキナオ!

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2019年12月8日増大号

関連記事
武田 砂鉄の書評/解説/選評
ページトップへ