書評

『三面記事の歴史』(国書刊行会)

  • 2020/02/06
三面記事の歴史 / ロミ
三面記事の歴史
  • 著者:ロミ
  • 翻訳:土屋和之
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(384ページ)
  • 発売日:2013-09-25
  • ISBN-10:433605746X
  • ISBN-13:978-4336057464
内容紹介:
中世から現代まで、興味の尽きない「三面記事」を収集、その変遷と不可思議を250に及ぶ貴重な図版とともに跡づけた豪華奇書。

時代を超えて、のぞき見誘う

「三面記事」は、いまの日本でいえば、スポーツ新聞や夕刊紙のゴシップ欄やセンセーショナルな記事にあたる。奇矯な事故や犯罪、スキャンダルや痴情の果ての惨事といった、人がついのぞき見したくなるような記事だ。

親族やライバルの殺害、テロリストによる暗殺、見せしめの虐殺……。本書の冒頭に掲げられた1035年から1934年までの殺人リストは、全部で百数十項目。殺人が政治を動かしてきたという事実に、背筋が寒くなる。その一方で、「3分間でワインを4リットル飲み死亡」とか、食膳のグリーンピースを鼻に詰め猿轡(さるぐつわ)をかませて自殺した囚人の話とか、あきれるような事実が満載。これにはいやでも胸が躍り、騒ぐ。

三面記事は時代を超えて同じ型を踏む。面白すぎる話のヴァリエーションににやりとしながら、他人の失敗を嗤(わら)うみずからの低き性(さが)を突きつけられもして、読者はふと我に返る。そういう意味ではちょっと意地悪な書でもある。
三面記事の歴史 / ロミ
三面記事の歴史
  • 著者:ロミ
  • 翻訳:土屋和之
  • 出版社:国書刊行会
  • 装丁:単行本(384ページ)
  • 発売日:2013-09-25
  • ISBN-10:433605746X
  • ISBN-13:978-4336057464
内容紹介:
中世から現代まで、興味の尽きない「三面記事」を収集、その変遷と不可思議を250に及ぶ貴重な図版とともに跡づけた豪華奇書。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2013年10月27日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
鷲田 清一の書評/解説/選評
ページトップへ