書評

『鉄路の果てに』(マガジンハウス)

  • 2020/08/14
鉄路の果てに / 清水 潔
鉄路の果てに
  • 著者:清水 潔
  • 出版社:マガジンハウス
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(256ページ)
  • 発売日:2020-05-21
  • ISBN-10:4838730977
  • ISBN-13:978-4838730971
内容紹介:
「だまされた」父が遺したメモを手掛かりに、気鋭のジャーナリストが戦争を辿る。いつの時代も、国は非情だ。本棚で見つけた亡き父の「だまされた」というメモ書き。添えられた地図には、75年前の戦争で父が辿った足跡が記されていた。どんな思いで戦地に赴き抑留されたか。なぜ、犠牲になら… もっと読む
「だまされた」
父が遺したメモを手掛かりに、
気鋭のジャーナリストが戦争を辿る。
いつの時代も、国は非情だ。

本棚で見つけた亡き父の「だまされた」というメモ書き。
添えられた地図には、75年前の戦争で父が辿った足跡が記されていた。
どんな思いで戦地に赴き抑留されたか。
なぜ、犠牲にならねばならなかったか。
薄れゆく事実に迫るために、韓国・中国・ロシアへ。

国は過ちを
繰り返してきた。
何度も。
これからも。

目次
序章 赤い導線
1章 38度線の白昼夢
2章 ここはお国を何百里
3章 悲劇の大地
4章 ボストーク号
5章 中露国境
6章 シベリア鉄道の夜
7章 抑留の地
8章 黒パンの味
9章 バイカル湖の伝説
終章 鉄路の果てに


父が遺した言葉胸に戦争たどる

昭和を生き抜いた父の書棚から一冊の本を抜き取ると、軍隊生活をつづったメモ用紙が貼ってあり、紙の隅に小さく「だまされた」と記されていた。表紙裏の地図には、赤いサインペンで「導線」が足されていた。

「なぜ、父はシベリアに送られ、戦後も帰ってこられなかったのか……」。陸軍・鉄道聯隊(れんたい)に配属された父の生き様を病床で事細かに聞き取ることができなかった後ろめたさを抱えながら、朝鮮・旧満州・シベリアへ、赤い線をなぞる旅に出る。

「鉄道と戦争は切っても切れない関係性」にある。38度線そばの臨津江(イムジンガン)に架かる鉄橋の手前には、真っ赤にさびた蒸気機関車が鎮座していた。1950年、アメリカ軍に攻撃を受け、鉄路が遮断された。父の足跡を追体験することができないという事実そのものが、戦禍を知らせた。

病床で父は「ただ、ひたすら逃げ回るしかなかった」と吐き出すように言った。やがて、捕虜になった。車窓を活写し、父の残像とともに、昨今の日本社会が忘却を急ぐ加害の歴史を書き留める。父の記憶に史実を重ね合わせ、目の前に広がる光景に溶かしていく。

イルクーツクを目指すボストーク号がザバイカリスクで5時間以上も停車した。国境をまたげば、線路幅が変わる。90ミリ広くなる線路幅のため、全ての車輪を交換するのだ。鉄道にまつわる「オタクな話」が随所に挟まれる。鉄道の話ならば口を割った父からの影響が、旅の手助けになった。

同行者「青木センセイ」が起こすとっぴな行動が、旅を滑稽に演出する。時に、湯切りが終わっていないカップ焼きそばを手にしたまま、国境警備隊員に車外へ追い出されてしまった。

父の臀部には、シベリアで負った大きな傷痕があった。「もしその怪我がなければ」……国、そして戦争に翻弄された父が遺した「だまされた」の意味を探し、そして、かみしめる。わずかな痕跡に思索をぶつけ続ける執念深さに打たれた。
鉄路の果てに / 清水 潔
鉄路の果てに
  • 著者:清水 潔
  • 出版社:マガジンハウス
  • 装丁:単行本(ソフトカバー)(256ページ)
  • 発売日:2020-05-21
  • ISBN-10:4838730977
  • ISBN-13:978-4838730971
内容紹介:
「だまされた」父が遺したメモを手掛かりに、気鋭のジャーナリストが戦争を辿る。いつの時代も、国は非情だ。本棚で見つけた亡き父の「だまされた」というメモ書き。添えられた地図には、75年前の戦争で父が辿った足跡が記されていた。どんな思いで戦地に赴き抑留されたか。なぜ、犠牲になら… もっと読む
「だまされた」
父が遺したメモを手掛かりに、
気鋭のジャーナリストが戦争を辿る。
いつの時代も、国は非情だ。

本棚で見つけた亡き父の「だまされた」というメモ書き。
添えられた地図には、75年前の戦争で父が辿った足跡が記されていた。
どんな思いで戦地に赴き抑留されたか。
なぜ、犠牲にならねばならなかったか。
薄れゆく事実に迫るために、韓国・中国・ロシアへ。

国は過ちを
繰り返してきた。
何度も。
これからも。

目次
序章 赤い導線
1章 38度線の白昼夢
2章 ここはお国を何百里
3章 悲劇の大地
4章 ボストーク号
5章 中露国境
6章 シベリア鉄道の夜
7章 抑留の地
8章 黒パンの味
9章 バイカル湖の伝説
終章 鉄路の果てに


ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2020年6月27日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
武田 砂鉄の書評/解説/選評
ページトップへ