書評

『診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち』(早川書房)

  • 2021/10/10
診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち / ロバート・D. ヘア
診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち
  • 著者:ロバート・D. ヘア
  • 翻訳:小林 宏明
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(314ページ)
  • 発売日:2000-08-01
  • ISBN-10:4150502412
  • ISBN-13:978-4150502416
内容紹介:
酸鼻を極める凶悪犯罪研究の先進国アメリカで、心理学者は異常殺人者に共通するある傾向に注目してきた。つまり極端に自己中心的で著しく情緒に乏しく、人を魅了し操る能力に長けているのだ。… もっと読む
酸鼻を極める凶悪犯罪研究の先進国アメリカで、心理学者は異常殺人者に共通するある傾向に注目してきた。つまり極端に自己中心的で著しく情緒に乏しく、人を魅了し操る能力に長けているのだ。彼らはサイコパスと呼ばれるが、このような人間は実はわれわれの身近にも潜んでいる-非行少年、詐欺師、暴力亭主、幼児虐待者、カルト教団の教祖として!多くの実例を通じて「良心の呵責なき者たち」の素顔に迫る戦慄の一冊。

ウソを繰り返す精神病質者

これほど考え込まされる問題提起にめぐりあうのは、めったにないことである。だからこそ、ここで展開されている主張は誤解を招きやすいかもしれない。サイコパスに適当な訳語をはめこむのはむずかしいが、とりあえず精神病質者とする。あくまでも精神病患者とは異なる。

世間には凶悪な犯罪者がつぎつぎと登場する。オウム真理教の教祖も、一枚皮をめくってみれば宗教法人とは名ばかりで、凶暴な詐欺集団の指導者にすぎない。なぜかわれわれは彼らにいとも簡単に騙されてしまう。サイコパスのいちばんの特徴は平気でウソをつくところだ。ウソはばれるけれど、サイコパスなら平気でウソの上塗りができる。ふつう良心が痛むので内省する力がはたらくが、サイコパスには良心がないのでウソの繰り返しが可能なのである。

「良心とか他人に対する思いやりにまったく欠けている彼らは、罪悪感も後悔の念もなく社会の規範を犯し、人の期待を裏切り、自分勝手にほしいものを取り、好きなようにふるまう」のである。著者の主張にしたがえば、僕は誰でも生涯に何人かの小型サイコパスに遭遇していると思う。まったく信義のないやつ、ウソばかりつくやつ、親切にしても平気で裏切るやつ。結局、彼らの被害にあわないとしたら、早く気づき敬して遠ざけるしか方法がないのである。

著者の述べる犯罪者としてのサイコパスの定義はソシオパス(社会病質者)との対立概念として語られている。それが本書の新しい視点である。犯罪者は社会の病理が生み出すと考えられてきた。生活歴、つまり育てられた環境が問題にされるのはそのためである。生い立ちが不幸だった、貧しかった、泥棒するより生きる途がなかったなどなどが情状酌量の余地ありと考えられ、だからこそ更生のプログラムが組まれるのである。しかし、サイコパスは環境のせいでもなく遺伝でもなく、ただサイコパスとしてのみこの世に現れ、通常の生活者を惑わす。怖い話を聞いてしまったというのが読後感である。
診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち / ロバート・D. ヘア
診断名サイコパス―身近にひそむ異常人格者たち
  • 著者:ロバート・D. ヘア
  • 翻訳:小林 宏明
  • 出版社:早川書房
  • 装丁:文庫(314ページ)
  • 発売日:2000-08-01
  • ISBN-10:4150502412
  • ISBN-13:978-4150502416
内容紹介:
酸鼻を極める凶悪犯罪研究の先進国アメリカで、心理学者は異常殺人者に共通するある傾向に注目してきた。つまり極端に自己中心的で著しく情緒に乏しく、人を魅了し操る能力に長けているのだ。… もっと読む
酸鼻を極める凶悪犯罪研究の先進国アメリカで、心理学者は異常殺人者に共通するある傾向に注目してきた。つまり極端に自己中心的で著しく情緒に乏しく、人を魅了し操る能力に長けているのだ。彼らはサイコパスと呼ばれるが、このような人間は実はわれわれの身近にも潜んでいる-非行少年、詐欺師、暴力亭主、幼児虐待者、カルト教団の教祖として!多くの実例を通じて「良心の呵責なき者たち」の素顔に迫る戦慄の一冊。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

読売新聞

読売新聞 1995.05.07

関連記事
猪瀬 直樹の書評/解説/選評
ページトップへ