書評

『美しい痕跡 手書きへの讃歌』(みすず書房)

  • 2020/08/03
美しい痕跡 手書きへの讃歌 / フランチェスカ・ビアゼットン
美しい痕跡 手書きへの讃歌
  • 著者:フランチェスカ・ビアゼットン
  • 翻訳:萱野 有美
  • 出版社:みすず書房
  • 装丁:単行本(208ページ)
  • 発売日:2020-04-18
  • ISBN-10:4622088827
  • ISBN-13:978-4622088820
内容紹介:
イタリアを代表するカリグラファーが、今日、文字を手で書くことの醍醐味を綴る。書くことは考えること、筆跡は顔、商売道具etc.

人を思い、時間かけ「私」を宿す

どこかに長期滞在する時、真っ先に気にするのが「プリントアウトすることができるか」である。編集者からデータで送られてきたゲラ刷りなどを確認する際、出力して手書きで書き込まなければ気が済まない。データ上で直して、と言われても、紙に印字し、手で書きこむ。元の原稿はパソコンで打ち込んでいるのに、なぜ仕上げに手書きを欲するのだろう。

イタリアを代表するカリグラファーによる「手で文字を書くこと」を巡る考察に、その理由がいくつも書かれていた。「書き文字には私の思考が映る。いやむしろ、書き文字は私の思考そのものと言える」。紙とは、私たちの「思考のさすらい」を語るものなのである。

「ワープロが出現するまで、文字を書くのは身体を使う活動だった」。ペンを握り、音を出し、痕跡を残す。人が初めて文字を書こうとする時、自分の名前を残そうとする。たとえ字を習得していなくても、「自分を表す『絵』」を書く。それは、「ここに私はいる! と宣言するため」にあるのだ。

これを使えば、書く必要がなくなります、と打ち出されるアイテムの主な効能は時間の短縮だが、そもそも「時間がかかるというのは、不利益であるという意味ではない」はず。単にテクノロジーを否定するのではなく、それを手にした時に、一体、何が失われるのかを自問する必要がある。

長らくしまっていた手書きの手紙が見つかった経験は誰しもある。あるいは「思ってもみないときに届く手書きの文章」、それは「時間をかけた旅」なのだ。短絡的であることや表層的であることさえも、便利なんだからそれでいいでしょ、と変換されて受容する社会にあって、わざわざ書く意味はいくつも残っている。

人と近くで接触してはならない、という日々が続く。非接触でこなす可能性が拡張していく現在だが、紙に触れて、文字を残して、誰かに届けるという所作の強度を思い知った。
美しい痕跡 手書きへの讃歌 / フランチェスカ・ビアゼットン
美しい痕跡 手書きへの讃歌
  • 著者:フランチェスカ・ビアゼットン
  • 翻訳:萱野 有美
  • 出版社:みすず書房
  • 装丁:単行本(208ページ)
  • 発売日:2020-04-18
  • ISBN-10:4622088827
  • ISBN-13:978-4622088820
内容紹介:
イタリアを代表するカリグラファーが、今日、文字を手で書くことの醍醐味を綴る。書くことは考えること、筆跡は顔、商売道具etc.

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2020年05月30日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
武田 砂鉄の書評/解説/選評
ページトップへ