書評

『またの名をグレイス』(岩波書店)

  • 2020/10/13
またの名をグレイス / マーガレット・アトウッド
またの名をグレイス
  • 著者:マーガレット・アトウッド
  • 翻訳:佐藤 アヤ子
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(384ページ)
  • 発売日:2018-09-15
  • ISBN-10:4006023014
  • ISBN-13:978-4006023010
内容紹介:
殺人事件で犯人とされた美女は事件を主導した「魔性の女」だったのか、それとも歴史に翻弄された犠牲者だったのか。一九世紀カナダで起き、当時世界中で話題となった殺人事件の記録を素材に、巧みな心理描写を織りこみながら、ミステリー仕立てに、人間存在の根源を鋭く問いかける。ノーベル文学賞候補ともいわれるカナダの女性作家、マーガレット・アトウッドの傑作。
「小説っておもしろいものだな」と痛感させられる大作だ。脳みその、かけがえのない喜び、と言ってもよい。

マーガレット・アトウッドはカナダを代表する作家であり、数々の文学賞に輝く、第一人者である。

そして『またの名をグレイス』のテーマは殺人事件。1843年、トロント近郊の屋敷で主人とメード頭が惨殺された。犯人として屋敷で雑用係を務めるマクダーモットと、若くて美しいメードのグレイスがあげられ、前者はその年のうちに罪状が確定して絞首刑に、後者は死刑をまぬがれ、長く収監されることとなった。実際にあった事件であり、広く話題となり、いくつもの論評や作品が発表された。グレイスは下層階級の出身であったが、大変な美少女で、事件の背後に男女関係のもつれがあったことは十分に推測された。それが話題沸騰の一因であったろうが、それとはべつにグレイスには、決定的瞬間の記憶が欠けていたのである。主犯か従犯か。うそをついているのか、精神に異常があるのか、心の闇がいっこうに晴らされず「これが真相だ」「いや、そうじゃない」――人権派や精神科学者の主張も加わって国民的な事件となったらしい。

アトウッドは事件についての情報を広く渉猟し、取捨選択して、正しいと信じうるものを基にイマジネーションの網をかけた。小説の設定は、人権派の依頼を受けた若い精神科医サイモンが、グレイスに親しく接して幼い頃からの記憶や現在の生活について逐一語らせる、という構造。さながらこの本の装画となっているキルトの模様のように、断片的にヒロインの過去と現在が示され、さらに医師サイモンの感想や彼個人の生活事情も入り交じり、関係者の書簡も加わってストーリーの展開はけっして滑らかなものではなく、全貌は「読者の頭の中で構築してください」という仕様になっている。だが、その構築はさほど困難ではなく、とりわけ作品の中核をなすグレイスの告白がえも言われずおもしろい。裁判所の記録など確かな資料を採用しているはずだが、となると、グレイスの告白には、たとえば「女中頭の名前は蜂蜜と同じハニーさんでした。甘いのは名前だけで、蝋燭消しのように尖った鼻をした味も素っ気もない人でした」など、おもしろい文句がところどころに散っていて、グレイスはろくに教育を受けていなかったけれど、文学的センスを秘めていたのかもしれない、それがこの女性の魅力の一つであり、ひいてはこの作品の魅力にもなっている、と私は考えた。

事件の起きた1843年は日本では天保14年、作品の背後に漂う精神科学についてもフロイトの登場以前のことだし、

――カナダの人は、こんな遠い事件に今なお関心があるのかな――

と疑念を抱いたが、ここには歴史の短い国の庶民史が鮮やかに綴られている。アトウッドのモチーフとも言うべき記憶の問題とあいまって十分に現在性を持つ文学として、ひとときはベストセラーにも名を連ねたらしい。

【下巻】
またの名をグレイス / マーガレット・アトウッド
またの名をグレイス
  • 著者:マーガレット・アトウッド
  • 翻訳:佐藤 アヤ子
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(400ページ)
  • 発売日:2018-09-15
  • ISBN-10:4006023022
  • ISBN-13:978-4006023027
内容紹介:
カナダ犯罪史上最も悪名高いと言われている女性犯のひとり、16歳の少女グレイス・マークス。彼女は「魔性の女」か、それとも時代の犠牲者か。入念な資料調査をもとに仕上げられた作品は、単に歴史小説の域に留まらず、性と暴力をはじめとする人間存在の根源に関わる問題をミステリー仕立てで鋭く追及する。(全2冊)

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

またの名をグレイス / マーガレット・アトウッド
またの名をグレイス
  • 著者:マーガレット・アトウッド
  • 翻訳:佐藤 アヤ子
  • 出版社:岩波書店
  • 装丁:文庫(384ページ)
  • 発売日:2018-09-15
  • ISBN-10:4006023014
  • ISBN-13:978-4006023010
内容紹介:
殺人事件で犯人とされた美女は事件を主導した「魔性の女」だったのか、それとも歴史に翻弄された犠牲者だったのか。一九世紀カナダで起き、当時世界中で話題となった殺人事件の記録を素材に、巧みな心理描写を織りこみながら、ミステリー仕立てに、人間存在の根源を鋭く問いかける。ノーベル文学賞候補ともいわれるカナダの女性作家、マーガレット・アトウッドの傑作。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

朝日新聞

朝日新聞 2008年08月03日

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え、教育、医療、環境、ファッション、車などの話題や写真も。2012年にアサヒ・コムからブランド名を変更しました。

関連記事
阿刀田 高の書評/解説/選評
ページトップへ