書評

『骨踊り』(幻戯書房)

  • 2020/10/19
骨踊り / 向井 豊昭
骨踊り
  • 著者:向井 豊昭
  • 出版社:幻戯書房
  • 装丁:単行本(635ページ)
  • 発売日:2019-01-26
  • ISBN-10:4864881642
  • ISBN-13:978-4864881647
内容紹介:
あらゆる小説ジャンルを呑み込み笑い飛ばす強靱な文体。アイヌ文化と「ヤマト」の差別に対する苛烈な問題意識―おそるべきゲリラ作家の入手困難な代表作を精選し、知られざる傑作長・中・短篇6作を(ほぼ)初書籍化するメガ・コレクション。

多層化する語りの荒々しさ

向井豊昭という作家をご存じだろうか。2008年に亡くなったが、没後、彼の小説をめぐって複数の批評家が可能性を掘り下げる文章を書いてきた。

本書は、向井の初期の傑作短編『脱穀』(カイセイエと読む)、『鳩笛(はとぶえ)』をはじめ、代表作『BARABARA』へ直接結びつく中編『骨(こつ)踊り』を収録した。それら以外に、フランス文学者・平岡篤頼氏の講演「フランス小説の現在」をも収める。向井が最も影響を受けたと告白しているものだ。

アイヌ民族をめぐる諸問題とヌーヴォー・ロマンと、そして私小説と。意想外の組み合わせであるそれらは、多層化する語りの中で見事に混ぜ合わされ、荒々しいまま小説の中で息づいている。
骨踊り / 向井 豊昭
骨踊り
  • 著者:向井 豊昭
  • 出版社:幻戯書房
  • 装丁:単行本(635ページ)
  • 発売日:2019-01-26
  • ISBN-10:4864881642
  • ISBN-13:978-4864881647
内容紹介:
あらゆる小説ジャンルを呑み込み笑い飛ばす強靱な文体。アイヌ文化と「ヤマト」の差別に対する苛烈な問題意識―おそるべきゲリラ作家の入手困難な代表作を精選し、知られざる傑作長・中・短篇6作を(ほぼ)初書籍化するメガ・コレクション。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

日本経済新聞

日本経済新聞 2019/02/21

関連記事
陣野 俊史の書評/解説/選評
ページトップへ