書評

『香水―ある人殺しの物語』(文藝春秋)

  • 2021/11/25
香水―ある人殺しの物語 / パトリック・ジュースキント
香水―ある人殺しの物語
  • 著者:パトリック・ジュースキント
  • 翻訳:池内 紀
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(351ページ)
  • 発売日:2003-06-10
  • ISBN-10:4167661381
  • ISBN-13:978-4167661380
内容紹介:
18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに…欲望のほむらが燃えあがる。稀代の"匂いの魔術師"をめぐる大奇譚。

においの冒険物語

もう十五年も昔のことになるが、僕は商社にいて、日本で最初に中国のマツタケを輸入する仕事にかかわった(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1996~97年頃)。いまでは中国産マツタケは六月末頃から雲南産が出回って、珍しくもなんともないが、その頃はまだごく一部の人を除いて、中国にマツタケのあることを日本人は知らなかった。中国人自身も知らなかった。だいたい彼らはマツタケを食さない。中国マツタケは吉林省延辺地区と雲南省で採れる。これを日本への輸入ルートに乗せるまでの苦労といったら……。珍談、奇談は山ほどあるが、ここでひとつだけ披露すると、マツタケのにおいの化学式、俗にいう亀の甲は我々の雪隠(せつちん)のにおいとたった一ヵ所違うだけ。

僕は上海や北京の飛行場の貨物倉庫でいったい何千キロのマツタケを腐らせてしまったことか。そのにおいがまた強烈。北京の夏の公衆便所を束ねて凝縮したようなもので、あまりの悪臭のために僕は公安にしょっぴかれ、さんざんお灸をすえられた。嘘だと思うなら、ためしに五、六本腐らせてごらんなさい(そんなもったいないことをする人はいないか)。

さて、においがテーマの小説のきわめつきは、一九八五年にチューリッヒで出て、たちまちドイツ、フランス、スペインでベストセラーになったパトリック・ジュースキントの『香水』だろう。日本では一九八八年に池内紀の訳で出た。

異常に発達した嗅覚の持ち主、ジャン・バティスト・グルヌイユというなんともおぞましい人物の冒険物語だ。

十八世紀のヨーロッパの都市は悪臭にみちみちていた。とりわけパリはひどかった。グルヌイユは魚屋で働く母親から、立ったまま魚の臓物の中に生み落とされた。悪臭の中の、きわめつきの悪臭の中に。ところがこの子は、人間の持ついっさいの体臭を持たない。そして嗅覚だけが犬よりも鋭い少年に育つ。何キロも離れたところの少女の芳香を、無数の悪臭の太い糸を解きほぐして、中から細い一本のにおいの糸に選り分け、少女までたどりつき、そのにおいを究めるだけのために殺す。彼自身まったくにおいを持たないから、透明人間のように行動することができて、彼の殺人はだれにも分からない。

やがてグルヌイユは、ありとあらゆる人間をにおいの力で調伏してやろうと、神の力を持つ香水を、二十五人の美しい処女から採取するために殺し、調合する。それを全身につけて、世界征服に乗り出す。

けっきょく、至福のにおいを身につけた彼に、パリの乞食や墓掘り人夫、泥棒、娼婦どもが狂喜乱舞しておどりかかり、彼は八つ裂きにされて毛一本残さずきれいに食べられてしまうというあっけない幕切れとなる。

奇想天外のストーリーであるうえに、妙なリアリティーがあって、僕は昔のマツタケの腐乱臭を思い出しながら、ついついひきこまれて読んだ。いまではあの腐乱臭がなつかしいくらいだ。ひょっとしたら、相手が日本人なら、マツタケの香りで征服できるかもしれない。いずれにせよ、グルヌイユのような嗅覚と悪知恵を持てば、全知全能でありうるのはたしかだ。

ここに殺された男の死体があるとしよう。初手から犯人を発見することができるのは犬と神である。犬は臭跡によって、神は全能の知性によって。人間だけが万能の臭覚も全能の知性もなく、欠陥だらけの感覚と理性を用い、非常な苦心を払い、右往左往しながら経験から学びつつ真実を発見する。このまだるっこい理解には、しかし人間ならではの喜びがある。

【この書評が収録されている書籍】
新版 熱い読書 冷たい読書  / 辻原 登
新版 熱い読書 冷たい読書
  • 著者:辻原 登
  • 出版社:筑摩書房
  • 装丁:文庫(452ページ)
  • 発売日:2013-08-09
  • ISBN-10:4480430881
  • ISBN-13:978-4480430885
内容紹介:
古典、小説、ミステリー、句集、学術書……。文字ある限り、何ものにも妨げられず貪欲に読み込み、現出する博覧強記・変幻自在の小宇宙。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

香水―ある人殺しの物語 / パトリック・ジュースキント
香水―ある人殺しの物語
  • 著者:パトリック・ジュースキント
  • 翻訳:池内 紀
  • 出版社:文藝春秋
  • 装丁:文庫(351ページ)
  • 発売日:2003-06-10
  • ISBN-10:4167661381
  • ISBN-13:978-4167661380
内容紹介:
18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに…欲望のほむらが燃えあがる。稀代の"匂いの魔術師"をめぐる大奇譚。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 1996年6月12日号~1997年12月14日号

関連記事
辻原 登の書評/解説/選評
ページトップへ