書評

『歩くひと 完全版』(小学館)

  • 2020/12/24
歩くひと 完全版 / 谷口 ジロー
歩くひと 完全版
  • 著者:谷口 ジロー
  • 出版社:小学館
  • 装丁:単行本(200ページ)
  • 発売日:2020-08-03
  • ISBN-10:4091793363
  • ISBN-13:978-4091793362
内容紹介:
NHKTVドラマ化原作、完全版で登場! フランス文化勲章シュヴァリエ受章の漫画家・谷口ジロー氏が、世界に「発見」されることになった名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全… もっと読む
NHKTVドラマ化原作、完全版で登場!

フランス文化勲章シュヴァリエ受章の漫画家・谷口ジロー氏が、世界に「発見」されることになった名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

本作は2020年4月~2021年3月まで、NHK BS4K8Kにて初のテレビドラマ化がなされ、大好評放送中です!(主演:井浦新、田畑智子)

今回の完全版では、以下の4点が大きな特長です。

★初のB5サイズで刊行。製本は喉元までしっかり開く「コデックス装」を採用し、緻密な描き込みを堪能できる仕様に(カラーページも完全再現)。

★2010年にLOUIS VUITTONが刊行した「TOKYO CITY GUIDE2011」に描き下ろされた『歩くひと』の特別編を初邦訳・全世界で初めて単行本に収録。

★映画監督・是枝裕和氏が初めて谷口ジローについて書いた寄稿文を掲載(書き下ろし)

★購入特典として「別冊読本 谷口ジローが『歩くひと』を描いた日々」を封入。連載当時の著者「近況報告」や、担当編集者が当時を振り返る文章等を掲載。


驚くほど精緻に描かれた原稿をゆったりと堪能できる、美しく奥深い本に仕上がりました。
『孤独のグルメ』(原作:久住昌之)にも連なる作品世界をご堪能ください。

【編集担当からのおすすめ情報】
街や土地、風景の中を歩き、観察することによって、見えてくる世界がある…
その感覚を漫画でいかに表現するかに挑んだ意欲作の完全版が、TVドラマ化を機に登場です!

今回、原稿はすべて最新技術で新たにスキャンを行い、用紙や出力線数にもこだわりました。初のB5サイズの大判での刊行により、過去の単行本で読まれたことがある方にも、新たな発見と余韻をお届けできると思います。

4K8K放送のテレビドラマと拮抗するような本を目指しました。
発表から30年を経ても色褪せることのない、至高の漫画表現をお楽しみください。

めまぐるしく変化する世界の中で一歩ずつ「人間にもどる」

「完全版」と銘打ち、このたび刊行された『歩くひと』がすばらしい。本作は、谷口ジローが世界に羽ばたく契機となった記念碑的作品。ページをめくるたび、時空間のはざまに誘い込まれる読み心地を味わう。

これといって派手な出来事やおかしな事件が起こるわけでもない。登場人物は、どこかで以前にすれ違ったことのあるような、眼鏡をかけた平凡な様子の男。気の向くまま、まちに溶け込んであっちへふらり、こっちへふらり、ひとり淡々と歩く。けれど、歩を進めれば空気の匂いが変わり、風景が変わり、目の前に現れる人間も建物も自然も変わる。その微細な変化を、ひとつひとつ掬(すく)い上げる谷口ジローの手つきから目が離せなくなり、いつのまにか自分もコマのなかに入り込んで「歩くひと」になっている……。「歩くひと」は『週刊モーニング』(講談社)の増刊『パーティー増刊』に連載した作品で、1990年から91年にかけて掲載された。平成二年、バブル景気終焉の年。天皇明仁の即位礼正殿の儀が皇居宮殿で執り行われ、TBS記者の秋山豊寛がソユーズTM―11で日本人初の宇宙飛行をし、年末に第二次海部改造内閣が発足。世界を見れば、東西に分裂していたドイツが再統一され、ベルリンが首都に復帰。そんな国内外の騒がしさを思うと、ただ歩くという「地味」な行為から離れることのない眼差しの強さがいっそう響いてくる。

連載当時、作者の「近況報告」が毎回掲載された。その文章が、別冊読本に再録されている。第1話「散歩礼賛」に寄せた文。

やっぱり歩くのはいい。車や自転車では見えないものも、歩いていれば、見えたり聞こえたりする。歩くのは楽しい。歩いていると、なんだか人間にもどれそうな気がするのは、僕だけだろうか。

「歩くひと」を描きながら、多忙な日々のなか、自身も深呼吸していたのだろう。ペン先の動きと足の動きがぴたりと呼吸を重ねる感覚が伝わってくるのは、きっとそのためなのだ。十七話いずれも、二本の足を自分で動かす意思によって、コマは進められてゆく。

また、別冊読本では、当時の担当編集者、講談社OBのY・T氏が、「歩くひと」というタイトルはあらかじめ先にあったと明かしている。ひな型はフランク・ペリー監督の映画「泳ぐひと」。バート・ランカスターが演じる主人公が次々とプールを泳いでいく作品から「歩くひと」の着想が生まれたと知って、なるほど映画的な時間が流れているのはそういうわけだったのか、と膝を叩いた。まあそもそも、歩くひとはつねに世界の主人公であるわけだけれど。

淡々と歩きながら、ときおり描かれる破綻に強烈に惹かれる。とつぜん降り始める雪。激しい夕立。しのびこんだプールに飛び込む裸体。散った桜の花の絨毯(じゅうたん)の上で現れた女人の記憶……日常のなかのひそやかな揺らぎが、ぱっくりと世界を割ってみせる。夜のまちを徘徊し、見知らぬ屋上で「歩くひと」が咆哮するとき、読者は、あらゆるしがらみが剝がれ落ちる感覚を共有するのだ。

造本は、左右のページのノドが全開になる糸綴(いととじ)並製本。糸綴の背がそのまま見える仮製本様式とともに、谷口ジローの世界にふかぶかと誘い込む。
歩くひと 完全版 / 谷口 ジロー
歩くひと 完全版
  • 著者:谷口 ジロー
  • 出版社:小学館
  • 装丁:単行本(200ページ)
  • 発売日:2020-08-03
  • ISBN-10:4091793363
  • ISBN-13:978-4091793362
内容紹介:
NHKTVドラマ化原作、完全版で登場! フランス文化勲章シュヴァリエ受章の漫画家・谷口ジロー氏が、世界に「発見」されることになった名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全… もっと読む
NHKTVドラマ化原作、完全版で登場!

フランス文化勲章シュヴァリエ受章の漫画家・谷口ジロー氏が、世界に「発見」されることになった名作が、初の全エピソード収録&カラーページ再現の完全版として登場!

本作は2020年4月~2021年3月まで、NHK BS4K8Kにて初のテレビドラマ化がなされ、大好評放送中です!(主演:井浦新、田畑智子)

今回の完全版では、以下の4点が大きな特長です。

★初のB5サイズで刊行。製本は喉元までしっかり開く「コデックス装」を採用し、緻密な描き込みを堪能できる仕様に(カラーページも完全再現)。

★2010年にLOUIS VUITTONが刊行した「TOKYO CITY GUIDE2011」に描き下ろされた『歩くひと』の特別編を初邦訳・全世界で初めて単行本に収録。

★映画監督・是枝裕和氏が初めて谷口ジローについて書いた寄稿文を掲載(書き下ろし)

★購入特典として「別冊読本 谷口ジローが『歩くひと』を描いた日々」を封入。連載当時の著者「近況報告」や、担当編集者が当時を振り返る文章等を掲載。


驚くほど精緻に描かれた原稿をゆったりと堪能できる、美しく奥深い本に仕上がりました。
『孤独のグルメ』(原作:久住昌之)にも連なる作品世界をご堪能ください。

【編集担当からのおすすめ情報】
街や土地、風景の中を歩き、観察することによって、見えてくる世界がある…
その感覚を漫画でいかに表現するかに挑んだ意欲作の完全版が、TVドラマ化を機に登場です!

今回、原稿はすべて最新技術で新たにスキャンを行い、用紙や出力線数にもこだわりました。初のB5サイズの大判での刊行により、過去の単行本で読まれたことがある方にも、新たな発見と余韻をお届けできると思います。

4K8K放送のテレビドラマと拮抗するような本を目指しました。
発表から30年を経ても色褪せることのない、至高の漫画表現をお楽しみください。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

サンデー毎日

サンデー毎日 2020年10月25日号

関連記事
平松 洋子の書評/解説/選評
ページトップへ