書評

『天文年鑑〈1994年版〉』(誠文堂新光社)

  • 2017/08/28
天文年鑑〈1994年版〉 / 天文年鑑編集委員会
天文年鑑〈1994年版〉
  • 著者:天文年鑑編集委員会
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 装丁:単行本(264ページ)
  • 発売日:1993-12-01
  • ISBN-10:4416293321
  • ISBN-13:978-4416293324

東京は大雪だから『天文年鑑』でも読んでみよう

小学生の頃、わたしは「天文おたく」だった。趣味は天体観測。得意技は主な恒星の実視等級をすらすらいえること。大犬座のアルファ(シリウス)は-1.46、竜骨座のアルファ(カノープス)は-0.72。好きな本は野尻抱影の本と全天恒星図とパロマ山天文台写真集。好きな場所は、渋谷の五島プラネタリウム。中学生になった時には当然のことながら天文部に入り、毎晩遅くまで、月の表面のスケッチやら木星の四衛星の位置のスケッチに精を出した。そして、毎年『天文年鑑』が出るのを指折り数えて待ち、将来は天文学者になることしか考えてはいなかった。ああ、だが悲しいかな。受験勉強のせいか、はたまた、寝ころんだままマンガを読んでいたせいか(たぶん、こっちのせい)、我が視力は一気に急降下。天文学者への道は遠のいてしまったのだった。そりゃ、別に眼鏡をかけていても天文学者になれんわきゃないのだが、望遠鏡を覗くのがなにより好きな少年としては、眼鏡のレンズと接眼レンズ(目をくっつける方のレンズね)が触れ合って(カチャカチャ音をたてるし)もう一歩向こうへ近づけぬもどかしさに耐えられなかったのである。それから、三十年。本屋で、ふと目についたのが『天文年鑑1994年版』(誠文堂新光社)。それでもって、家に帰り、雪に埋もれた石神井の風景を窓越しに眺めつつ、ぱらぱらとめくっていたのだった。まずは火星やら彗星やら超新星やら小惑星やら日食・月食の写真。なになに、「CCD冷却カメラRGB三色分解像からカラー合成」? 「パソコンを使いコンポジット合成」?なんだか、ずいぶん進歩したんだなあ。そして、冒頭の「展望」。

1994年は平年、年の干支は甲戌(きのえいぬ)である。平成6年、日本紀元2654年、明治127年、大正83年、昭和69年にあたる。元日の干支は丁亥(ひのとのい)、土曜日で、世界時0時のユリウス通日は2449353.5、修正ユリウス日は49353である。

これ、これ。この「感じ」なのよ。淡白というか、傲然というか、ふだん宇宙を相手にしている人間の文体はこうなのだ。

92年は27個の彗星の出現が報告された。木内鶴彦氏のスイフト・タットル周期彗星の再発見は、印刷中の昨年版で速報した。この彗星はマースデン、長谷川一郎両氏の研究で、1737、188、-68年に中国で記録のある天体と同定された。次回の回帰の時に地球と衝突するかも、と言われているが、130年先のことだから、まだ安心だ。

ほら、いい味だしてるでしょ。そして、なんといっても『天文年鑑』の華は彗星や新星の発見記事で、

1992年5月14.644日UTには、愛知県岡崎市の山本稔氏が、わし座に7.6等の明るさの新星を発見されたが、これは1991年3月にヘルクレス座新星を発見された菅野松男氏以来ほぼ2年ぶりの、日本のアマチュア観測者による発見となった。山本氏の発見は200㎜F4レンズにTマックス400フィルム、PO-0緑フィルターを用いた写真から行なわれ、5月15日0時26分(日本時)から2分露出、0時29分(日本時=14.647日UT)から4分露出のフィルム上に新星をとらえたもので、10年間の捜索が実った、うれしい初めての新星発見であった。

なんてのを読むと、内容がわからなくても、なんだか嬉しくなってくるじゃありませんか。

【最新版】
天文年鑑 2017年版 /
天文年鑑 2017年版
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 装丁:単行本(343ページ)
  • 発売日:2016-11-18
  • ISBN-10:4416716516
  • ISBN-13:978-4416716519
内容紹介:
創刊69年目。2017年に起こる天文現象の解説と2016年の観測結果をまとめた一冊。今後の観測に、かつ資料としても役立つ。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。



【この書評が収録されている書籍】
いざとなりゃ本ぐらい読むわよ / 高橋 源一郎
いざとなりゃ本ぐらい読むわよ
  • 著者:高橋 源一郎
  • 出版社:朝日新聞社
  • 装丁:単行本(253ページ)
  • 発売日:1997-10-00
  • ISBN-13:978-4022571922
内容紹介:
どんな本にも謎がある。世界一の文学探偵タカハシさんが読み解く本の事件簿、遂に登場。

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

天文年鑑〈1994年版〉 / 天文年鑑編集委員会
天文年鑑〈1994年版〉
  • 著者:天文年鑑編集委員会
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 装丁:単行本(264ページ)
  • 発売日:1993-12-01
  • ISBN-10:4416293321
  • ISBN-13:978-4416293324

ALL REVIEWS経由で書籍を購入いただきますと、書評家に書籍購入価格の0.7~5.6%が還元されます。

  • 週に1度お届けする書評ダイジェスト!
  • 「新しい書評のあり方」を探すALL REVIEWSのファンクラブ

初出メディア

週刊朝日

週刊朝日

関連記事
高橋 源一郎の書評/解説/選評
ページトップへ